「漫画」「アニメ」「アニメーション」


漫画とは、絵と文字で表現された物語のこと。
アニメとは、アニメーションの略で、動作や形が少しずつ異なる絵や人形を一コマずつ撮影し、連続して動いて見えるように作られたもののこと。

基本的な定義からすれば、漫画とアニメ(アニメーション)の違いは、絵と文字のみで作られたものが「漫画」。
漫画を動画化し、漫画では聞こえてこないセリフや音楽などを入れたものが「アニメ(アニメーション)」となる。
しかし、漫画とアニメとアニメーションは、時代や国などにより、同じものを指していたり、異なるものを指していることがある。

「アニメーション」という外来語が一般化したのは、1970年代後半のこと。
それ以前は、漫画を動画化したものを、映画では「テレビ漫画」、テレビでは「テレビ漫画」と呼んでいた。
つまり、アニメ(アニメーション)は、漫画の一種であったといえる。
現代においても、特に両者を区別しない場合は、アニメ(アニメーション)は漫画の一種として扱われている。

日本では「アニメ」も「アニメーション」もほぼ同義に扱われているが、海外では日本のアニメーション作品を「Anime」と呼び、区別されている。
また、「Manga(漫画)」や「Tankobon(単行本)」も、日本の文化を代表する言葉として、海外に広まっている。

日本のアニメーション作品の中でも、「Anime」と呼ばれるものと「Animation」と呼ばれるものがある。
全体がなめらかに動くフルアニメーションを「Animation」、背景は動かず、キャラクターの一部を動かすだけで表現した、手塚治虫の『鉄腕アトム』に代表されるようなリミテッドアニメーションを「Anime」としたり、商用作品を「Anime」、アート作品を「Animation」と呼ぶなど、その定義は様々である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  2. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  3. 「署名」「記名」「サイン」

  4. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  5. 「忖度」と「斟酌」

  6. 「開放」と「解放」

  7. 「体」と「身体」

  8. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  9. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  10. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

おすすめ

  1. 「元日」「元旦」「正月」

  2. 「寂しい」と「淋しい」

  3. 「分かる」「解る」「判る」

  4. 「友情出演」と「特別出演」

  5. 「積極的」「自発的」「能動的」

  6. 「忖度」と「斟酌」

  7. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  8. 「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」

  9. 「長い」と「永い」

  10. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

TOP