「留意」「注意」「用心」


留意・注意・用心は、いずれも気をつけることを意味するが、使える場面と使えない場面、ニュアンス、気をつける程度に違いがある。

留意は心に留めておくという意味で、気をつける程度が弱く、悪い事態にならないように「警戒する」といった意味では使われない。
「服装に留意する」「健康に留意する」など、気をつける対象の物事が抽象的な場合や、ある程度の時間継続する場合に使われることが多い。

注意は「細心の注意を払う」というように、対象となる物事に対して神経を集中させ、事に当たるという意味で、留意に比べて気をつける程度が強い表現となる。
「警戒する」の意味でも使われ、「足下に注意する」「子供の飛び出し注意」など、瞬間的・具体的なことに対しては注意が使われる。
相手に向かって気をつけるように「忠告する」という意味でも使われる。

用心は悪いこと困ったことにならないよう、注意・警戒すること。
注意よりも使用範囲は狭く、「火の用心」や「空き巣にご用心」など、万一に備えてあらかじめ気をつける場合に使い、警戒しなければならいない事柄が瞬間的な場合には使われない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  2. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  3. 「対象」「対照」「対称」

  4. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  5. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  6. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  7. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  8. 「召集」と「招集」

  9. 「目的」と「目標」

  10. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

おすすめ

  1. 「ねぶた」と「ねぷた」

  2. 「すだち」と「かぼす」

  3. 「ジュゴン」と「マナティ」

  4. 「思う」と「考える」

  5. 「焼く」「炒める」「炒る」

  6. 「探求」と「探究」

  7. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

  8. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  9. 「商品」と「製品」

  10. 「青田買い」と「青田刈り」

TOP