「同居」「同棲」「内縁」


同居とは、同じ家に住むこと。
親族や恋人関係に限らず使う言葉だが、友達同士や他人同士が同じ家に住む場合は、「ルームシェア」と言って使い分けることもある。

同棲は同居と同じ意味で、同じ家に住むことを広く意味した言葉だが、現在では、主に婚姻関係にない男女が一緒に暮らすことをいう。

内縁は、事実上は夫婦関係にありながら、婚姻届を出していない男女の関係のこと。
一緒に暮らすことではなく、二人の関係を表す言葉である。

内縁関係と認められれば、法律上は、同居、協力、扶助義務、婚姻費用分担義務、日常家事債務の連帯責任、財産分与、貞操義務など、婚姻関係にある夫婦とほぼ同じ権利・義務がある。
ただし、氏の変更や、子の嫡出性の推定、配偶者としての相続権などは、内縁関係だけでは認められない。
また、婚姻関係にあれば、未成年であっても成年者として扱われる「成年擬制」があるが、内縁関係の場合は成年擬制の効果は生じない。

3年以上同棲(同居)をしていたら内縁関係が成立するといわれるが、3年はひとつの目安に過ぎない。
内縁関係が成立する要件は、当事者に婚姻の意思が認められることと、共同生活をしていることの2点。
3年以上同棲を続けていても、結婚する気がなければ内縁関係とは認められず、同棲期間が3年未満でも、当事者同士に婚姻の意志があり、第三者からも夫婦同然として扱われていれば、内縁関係と認められる。

単なる同棲や同居ではなく、内縁関係にあることを証明する方法としては、親族・友人・同僚などの証言があるが、一方が口裏を合わせていれば証明が難しい。
証明しやすい証拠としては、マンションの賃貸借契約書や住民票などの記載で、一緒に生活をしていることを残す方法である。
マンションの契約書であれば、「配偶者」や「内縁の妻」と記載すること。
住民票であれば、同一世帯として「同居人」と表記してもよいが、「妻(見届)」「夫(見届)」と表記すれば、更に認められやすくなる。
その他、結婚式を挙げるなど、誰の目から見ても夫婦同然といえる事実があれば、内縁関係にあるといえる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「対象」「対照」「対称」

  2. 「王将」と「玉将」

  3. 「コリアンダー」と「パクチー」

  4. 「おざなり」と「なおざり」

  5. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  6. 「回復」と「快復」

  7. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  8. 「同居」「同棲」「内縁」

  9. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  10. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

おすすめ

  1. 「うなぎ」と「あなご」

  2. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」

  3. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

  4. 「御霊前」と「御仏前」

  5. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  6. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」

  7. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  8. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  9. 「影」と「陰」

  10. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

TOP