「知識」「知恵」「見識」


知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。
学習や実験から得られた、誰もが事実として共有できるデータの集合体である。

知恵は、物事の道理を判断し、適切に処理する能力。
知識や経験を、必要な場面に応じて活用できる力で、知識よりも価値が高いものといわれることもあるが、知識のない知恵は役に立たず、多くの情報から必要な知識を得るには、取捨選択する知恵が必要になるため、どちらに価値があるというものではない。

見識は、物事の本質を深く見通す、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見、見方のこと。
知恵が知識などの情報を選んで判断するものとすれば、見識は知識などの情報の中から本質を捉えて判断することで、機転を利かせた判断には知恵が必要であり、人々を納得させるような判断をするには見識が必要である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  2. 「褒める」と「誉める」

  3. 「追求」「追及」「追究」

  4. 「飲む」と「呑む」

  5. 「開放」と「解放」

  6. 「始末書」と「顛末書」

  7. 「絶対」と「絶体」

  8. 「心肺停止」と「死亡」

  9. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  10. 「おはぎ」と「ぼたもち」

おすすめ

  1. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  2. 「目的」と「目標」

  3. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  4. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  5. 「離す」と「放す」

  6. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  7. 「生かす」と「活かす」

  8. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  9. 「調理」と「料理」

  10. 「改定」と「改訂」

TOP