「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」


マフラー(muffler)とは、防寒用の細長い長方形の襟巻きのこと。
防寒用のため、毛糸などを編んだ厚生地のものが多く、他に比べボリュームを出すには適しているが、かさばりやすい。
基本的には、寒い冬の時期にしか使用しない。
男女問わず使用される。

ストール(stole)は、マフラーと同じように襟巻きとして使われることも多いため混同されるが、本来は肩掛けである。
マフラーよりも生地は薄く、幅が広くて長いものが多い。
ストールの生地は様々であるため、季節によって適した生地を選ぶことで、オールシーズン利用できる。
また、柄のあるデザインのものが多く、アクセントとしても使用できる。
主に女性が使用するものであったが、現在は男女問わず使用される。

ショール(shawl)とストールは、生地や見た目の違いは明確でなくなっているが、スートールよりも大判で厚手のものを「ショール」と呼ぶことが多い。
ストールは襟巻きとしても使われるが、ショールは巻いて使わず、三角形に折って肩に掛けたり、頭巾のように頭に被ったりする目的で使われる。
基本的に女性が使用するものである。

スカーフ(scarf)は、正方形の薄手の布で、マフラー・ストール・ショールに比べてかなり小さい。
頭を覆ったり、首に巻く装飾用のもので、他のように防寒に用いられない。
主に、女性が使用するものだが、男性の使用も増えている。
日本でいうスカーフは上記のようになるが、英語では襟巻きや肩掛け、結びネクタイなど幅広い意味で使われている。
そのため、海外ブランドの通販サイトでは、マフラーはスカーフのカテゴリに入っていることが多い。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「重体」「重傷」「軽傷」

  2. 「影」と「陰」

  3. 「対象」「対照」「対称」

  4. 「押さえる」と「抑える」

  5. 「追求」「追及」「追究」

  6. 「署名」「記名」「サイン」

  7. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  8. 「退職願」「退職届」「辞表」

  9. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  10. 「モツ」と「ホルモン」

おすすめ

  1. 「共同」「協同」「協働」

  2. 「目的」と「目標」

  3. 「整える」と「調える」

  4. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  5. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  6. 「友情出演」と「特別出演」

  7. 「取締役」「役員」「執行役員」

  8. 「成長」と「生長」

  9. 「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」

  10. 「進歩」「進捗」「進度」

TOP