「わび」と「さび」


わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念の言葉で、わびは質素で寂しい趣、さびは古く枯れて渋みのある静かな趣のことである。

わび(侘び)は動詞「わぶ(侘ぶ)」の連用形で、本来は、劣った状態や不足すること、思い通りにならないことからの寂しさを表す言葉であったが、中世以降、肯定的に捉えられるようになり、簡素で閑寂な趣を楽しむ境地を意味するようになった。
俳諧や茶道などで重視され、特に、千利休が完成させたといわれる「わび茶」が有名である。

さび(寂び)は動詞「さぶ(寂ぶ)」の連用形で、時間の経過とともに劣化した様子の意味から、古びて味わいのあること、枯れた渋い趣、閑寂な趣を表すようになった。
特に、松尾芭蕉による俳諧の世界では、物静かで落ち着いた奥ゆかしい風情が、洗練されて自然と外に出るという感覚が重要な理念とされた。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「始末書」と「顛末書」

  2. 「遵守」と「順守」

  3. 「パート」と「アルバイト」

  4. 「調理」と「料理」

  5. 「使用」と「利用」

  6. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  7. 「積極的」「自発的」「能動的」

  8. 「歳」と「才」

  9. 「心肺停止」と「死亡」

  10. 「計る」「測る」「量る」

おすすめ

  1. 「聞く」「聴く」「訊く」

  2. 「不倫」と「浮気」

  3. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  4. 「晦日」と「大晦日」

  5. 「精進」と「邁進」

  6. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  7. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  8. 「留意」「注意」「用心」

  9. 「文」「文章」「文書」

  10. 「生かす」と「活かす」

TOP