「節約」と「倹約」


節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」「時間の節約」など、節約はお金以外の場合にも用いるのに対し、「電気の倹約」や「時間の倹約」とは言わないように、倹約はお金に関することのみ用いられる。

節約と倹約では、ニュアンスにも違いがあり、節約は合理的に無駄を省き切り詰めることで、プラスの印象を与えるが、倹約は無駄を省いて出費をできる限り少なくすることで、けち臭い印象を与える。

このような節約と倹約の違いは、使われる漢字の違いに通じる。
節約と倹約に使われる「約」には「引き締める」、節約の「節」には「区切り」、倹約の「倹」には「無駄や贅沢をしない」といった意味がある。
節約は、制限のもと切り詰めることに重点があるため、金銭に限らず用い、プラスの評価となるが、倹約は、贅沢な生活をせず切り詰めることに重点があるため、金銭に関することにのみ用い、出し惜しみをするケチな人というマイナスの評価になるのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「聞く」「聴く」「訊く」

  2. 「王将」と「玉将」

  3. 「うなぎ」と「あなご」

  4. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  5. 「長い」と「永い」

  6. 「延期」「順延」「延長」

  7. 「体」と「身体」

  8. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  9. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  10. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

おすすめ

  1. 「越える」と「超える」

  2. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  3. 「陶器」と「磁器」

  4. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  5. 「徳利」と「お銚子」

  6. 「卵」と「玉子」

  7. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」

  8. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

  9. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  10. 「怒る」と「叱る」

TOP