「経験」と「体験」


経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることを意味する。

経験は体験に比べて使われる範囲が広く、「人生経験」や「経験を生かす」というように、行為によって得た知識や技能なども指す。
体験は「戦争体験」や「心霊体験」というように、自分が身をもって感じるところに重点があり、行為の内容よりも印象的な事柄について用いることが多い。

また、経験はそれによって得られた知識や技能も指すのに対し、体験は身をもって感じるところに重点があるように、経験によって物事の本質を見極めることが可能だが、体験では物事の本質を見極めることはできない。
そのため、「体験入学」や「疑似体験」とは言っても、「経験入学」や「疑似経験」とは言わない。

ランダム 今見られているページ
  1. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  2. 「にわかファン」と「ミーハーなファン」

  3. 「広報」「公報」「弘報」

  4. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  5. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  1. 「改定」と「改訂」

  2. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  3. 「使用」と「利用」

  4. 「保証」「保障」「補償」

  5. 「居眠り」と「うたた寝」

  6. 「伯父」「叔父」「小父」

  7. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  8. 「始末書」と「顛末書」

  9. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  10. 「精進」と「邁進」

おすすめ

  1. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  2. 「共同」「協同」「協働」

  3. 「森」「林」「森林」

  4. 「ダウンロード」と「インストール」

  5. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  6. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  7. 「伯母」「叔母」「小母」

  8. 「取締役」「役員」「執行役員」

  9. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  10. 「不倫」と「浮気」

TOP