「経験」と「体験」


経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることを意味する。

経験は体験に比べて使われる範囲が広く、「人生経験」や「経験を生かす」というように、行為によって得た知識や技能なども指す。
体験は「戦争体験」や「心霊体験」というように、自分が身をもって感じるところに重点があり、行為の内容よりも印象的な事柄について用いることが多い。

また、経験はそれによって得られた知識や技能も指すのに対し、体験は身をもって感じるところに重点があるように、経験によって物事の本質を見極めることが可能だが、体験では物事の本質を見極めることはできない。
そのため、「体験入学」や「疑似体験」とは言っても、「経験入学」や「疑似経験」とは言わない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「回答」と「解答」

  2. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  3. 「対応」と「応対」

  4. 「交代」と「交替」

  5. 「精算」と「清算」

  6. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  7. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  8. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  9. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  10. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

おすすめ

  1. 「署名」「記名」「サイン」

  2. 「歳」と「才」

  3. 「フクロウ」と「ミミズク」

  4. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  5. 「神父」と「牧師」

  6. 「王将」と「玉将」

  7. 「うなぎ」と「あなご」

  8. 「足」「脚」「肢」

  9. 「絶対」と「絶体」

  10. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

TOP