「ファスナー」「ジッパー」「チャック」


「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源である。

「ファスナー(fastener)」は「留める物」を意味する名詞で、ネジやボルトの類もファスナーである。
日本でいうファスナーの正式名称は、「スライドファスナー(滑り式留金具の意)」といい、日本でファスナーを区別する際には、スライド式のものを「線ファスナー」、ネジやボルト類を「点ファスナー」、マジックテープの類を「面ファスナー」と呼ぶ。
スライドファスナーは、1891年にアメリカのW・ジャドソンが考案し、1893年にユニバーサルファスナー社によって生産が開始された。

「ジッパー(Zipper)」は、1921年にアメリカのグッドリッチ社がファスナーを販売する際に商標登録した商品名で、弾丸の飛ぶ音や、布を裂く音を表す「zip」という擬音語から名付けられた。
アメリカでは「ジップファスナー(Zip fastener)」とも呼ばれ、ジッパーやジップファスナーは、アメリカを中心に世界で広く使用される。
「ジッパー」は登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

チャックは、1927年に尾道で製造販売された「チャック印」という商標登録名で、「巾着」をもじった造語である。
チャック印のファスナーは、丈夫で壊れにくいものであったことから、ファスナー(ジッパー)の代名詞となった。
ただし、その名が広まったのは日本国内のみで、日本以外の国で「チャック」と言っても通じない。
「チャック」も登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

日本のチャックのように、別の呼称を使う国は他にもあり、中国・台湾・香港などでは「ラーリェン」、ドイツでは「ライスフェアシュルース」、イタリアでは「キウズーレ・ランポ」、フランスでは「フェルメチュール・ア・グリシェール」、中米諸国では「シェレス・レランパゴス」や「シェレス・デ・クレマレラス」と呼ばれている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「開放」と「解放」

  2. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  3. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  4. 「意思」と「意志」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  6. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  7. 「署名」「記名」「サイン」

  8. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  9. 「元日」「元旦」「正月」

  10. 「臭い」「匂い」「香り」

おすすめ

  1. 「懐古」と「回顧」

  2. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  3. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  4. 「経験」と「体験」

  5. 「カフェ」と「喫茶店」

  6. 「BS」と「CS」

  7. 「整える」と「調える」

  8. 「回り」「周り」「廻り」

  9. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  10. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

TOP