「御社」と「貴社」


御社と貴社は、どちらも相手方の会社や神社を敬っていう言葉。
言葉の意味や相手を敬う度合に違いはないが、両者はきちんと使い分けされている。

御社と貴社の使い分けは簡単で、履歴書やメール・手紙などでは「貴社」と書き、面接や打ち合わせなどでは「御社」と言う。
つまり、書き言葉では「貴社」、話し言葉では「御社」を使うのである。

元々、話し言葉でも「貴社」が使われていたが、「きしゃ」には「記者」「汽車」「帰社」「騎射」「喜捨」など、同音の言葉が多くて紛らわしいため、1990年代初め頃から、話し言葉では「御社」が使われるようになったといわれる。
「おんしゃ」にも「音写」「恩赦」「温藉」などの同音語はあるが、「記者」「帰社」「汽車」のように、ビジネスの場面で使われやすい言葉ではないため、話し言葉では「貴社」よりも「御社」を使った方が伝わりやすい。

一般企業以外でも「御」と「貴」の使い分け方は同じで、病院では「御院」と「貴院」、銀行は「御行」と「貴行」、学校は「御校」と「貴校」、学園ならば「御学園」と「貴学園」が使われる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「湯布院」と「由布院」

  2. 「スパークリングワイン」「シャンパン」「シャンメリー」

  3. 「鏡開き」「鏡割り」「鏡抜き」

  4. 「上演」と「公演」

  5. 「聞く」「聴く」「訊く」

  1. 「分かれる」と「別れる」

  2. 「整理」と「整頓」

  3. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  4. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  5. 「署名」「記名」「サイン」

  6. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  7. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  8. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  9. 「以下」と「未満」

  10. 「モツ」と「ホルモン」

おすすめ

  1. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  2. 「思う」と「想う」

  3. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  4. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  5. 「居眠り」と「うたた寝」

  6. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  7. 「対象」「対照」「対称」

  8. 「御霊前」と「御仏前」

  9. 「聞く」「聴く」「訊く」

  10. 「徳利」と「お銚子」

TOP