「青ピーマン(緑ピーマン)」と「赤ピーマン」の違い

青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの画像

ピーマンは緑色の青ピーマン(緑ピーマン)が一般的だが、最近では赤色の赤ピーマンや、黄色、オレンジ色といったカラーピーマンも見られるようになっている。
青ピーマンと赤ピーマン(カラーピーマン)の一番の違いは、未熟か完熟かである。

青ピーマンは、開花から約2週間ほどの未熟なピーマンを収穫したもの。
青ピーマンを未熟な状態で収穫せず、開花から約60日かけて成熟させたものが、赤ピーマンになる。
赤ピーマンと同様に、黄ピーマンやオレンジピーマンも成熟前は青ピーマンで、品種の違いによって赤色・黄色・オレンジ色になるのである。

赤ピーマンなどのカラーピーマンが、市場にあまり出回らないのは、収穫までに青ピーマンの約4倍の日数がかかることや、成熟して日持ちしないためである。

その他、栄養・食感・味も、青ピーマンと赤ピーマンで違いがある。

赤ピーマンは青ピーマンに比べ、ビタミンCは約2倍、ビタミンEは約5倍、カロテンは約2倍多く含んでおり、赤ピーマンのほうが栄養価が高い。

青ピーマンはシャキシャキとした食感があるが、赤ピーマンはシャキシャキ感がない。

青ピーマンは青臭さがあり、苦味も強いが、赤ピーマンは熟している分、糖度が高く、パプリカのように甘みがある。
ピーマンが苦手な子どもには、赤ピーマンを食べさせると良いが、青ピーマンの苦味のもとは「ピラジン」という成分で、血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞や脳梗塞の予防が期待できるため、大人は青ピーマンも食べたほうが良い。

関連記事

  1. 小麦粉の画像
    小麦をひいて粉にした小麦粉は、「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の3つに分類されるが、これは、小麦粉に含…
  2. トイレを我慢する画像
    「おさえる」の漢字には、「押さえる」と「抑える」がある。 敵の侵入を防ぐ場合、侵入を食い止めるとい…
  3. 火だるまの画像
    暑いは「暑い部屋」「暑い一日」「蒸し暑い」など、体に不快を覚えるほど気温が高いことを表す言葉で、「寒…
  4. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
  5. ガベルと手錠の画像
    刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置する逮捕には、「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮…
  1. ペットボトルを利用した鉢
    使用とは、人・物・システム・場所などを使うこと。 本来の目的、特定の目的で使う際に用いる。 …
  2. エッセイストの画像
    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由…
  3. 古本と古書の画像
    古本と古書は、古い本という意味では同じである。 しかし、古書には昔の古い書物の意味もあるため、明確…
  4. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
  5. インクの画像
    インクジェットプリンターのインクには、染料インクと顔料インクがあり、それぞれにメリット・デメリットが…
ページ上部へ戻る