「青ピーマン(緑ピーマン)」と「赤ピーマン」の違い

青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの画像

ピーマンは緑色の青ピーマン(緑ピーマン)が一般的だが、最近では赤色の赤ピーマンや、黄色、オレンジ色といったカラーピーマンも見られるようになっている。
青ピーマンと赤ピーマン(カラーピーマン)の一番の違いは、未熟か完熟かである。

青ピーマンは、開花から約2週間ほどの未熟なピーマンを収穫したもの。
青ピーマンを未熟な状態で収穫せず、開花から約60日かけて成熟させたものが、赤ピーマンになる。
赤ピーマンと同様に、黄ピーマンやオレンジピーマンも成熟前は青ピーマンで、品種の違いによって赤色・黄色・オレンジ色になるのである。

赤ピーマンなどのカラーピーマンが、市場にあまり出回らないのは、収穫までに青ピーマンの約4倍の日数がかかることや、成熟して日持ちしないためである。

その他、栄養・食感・味も、青ピーマンと赤ピーマンで違いがある。

赤ピーマンは青ピーマンに比べ、ビタミンCは約2倍、ビタミンEは約5倍、カロテンは約2倍多く含んでおり、赤ピーマンのほうが栄養価が高い。

青ピーマンはシャキシャキとした食感があるが、赤ピーマンはシャキシャキ感がない。

青ピーマンは青臭さがあり、苦味も強いが、赤ピーマンは熟している分、糖度が高く、パプリカのように甘みがある。
ピーマンが苦手な子どもには、赤ピーマンを食べさせると良いが、青ピーマンの苦味のもとは「ピラジン」という成分で、血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞や脳梗塞の予防が期待できるため、大人は青ピーマンも食べたほうが良い。

関連記事

  1. 零戦の画像
    数字「0」の読みには「ゼロ」と「れい」がある。 ゼロは、インドで生まれた概念がヨーロッパに伝わり、…
  2. 役員の画像
    取締役は、株主総会で選任され、会社の業務執行に関する意思決定をする者のこと。 会社内部での呼称と合…
  3. 会話の画像
    会話とは、二人以上の人が集まって互いに話すこと。また、その内容のこと。 日常生活における話のやり取…
  1. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
  2. 豊富な食料の画像
    食料も食糧も、「しょくりょう」と読み、食用とする物を意味する。 食料の「料」は米偏に「斗」、食糧の…
  3. 電気量販店の画像
    定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。 希…
  4. 松葉ガニと越前ガニの画像
    一般に流通しているズワイガニには、ズワイガニ(別名:本ズワイガニ)・オオズワイガニ・ベニズワイガニが…
  5. 開放感を味わう画像
    開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限を…
ページ上部へ戻る