「使用」と「利用」


使用とは、人・物・システム・場所などを使うこと。
本来の目的、特定の目的で使う際に用いる。

利用とは、物・システム・施設・設備などの持つ機能や特性を活かし、役に立つよう用いること。
また、便宜的に使うこと、方便に用いること。

「クーポンを使用する」といった場合は、単に「使う」という意味になるが、「クーポンを利用する」といった場合は、「安く済ませるために使う」「利益になるよう用いる」など、使うことで役に立つという意味が含まれる。

本来の目的や特定の目的で使う場合は「使用」、本来の目的以外で使う場合は「利用」を用いるという違いもある。
水を入れる容器にペットボトルを使うことは、本来の目的に沿った用途なので「使用」だが、使用したペットボトルを廃棄せずに鉢として使ったり、PET原料に戻して再びペットボトルを作ることは、本来の目的と異なる用途なので「利用」となる。

対象が人の場合、使用は「仕事をさせる」という意味なのに対し、利用は「都合の良いように人の力を使う」「だしに使う」という意味になる。

このように、使用と利用の違いは場面によっていくつかあるが、共通していえることは、使用は「使う」という意味が中心にあり、利用は「利益のために使う」ということである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  2. 「計る」「測る」「量る」

  3. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  4. 「延期」「順延」「延長」

  5. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  6. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  7. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  8. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  9. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  10. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

おすすめ

  1. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  2. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  3. 「トリ」と「大トリ」

  4. 「コンサート」と「リサイタル」

  5. 「蜃気楼」と「陽炎」

  6. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  7. 「暖かい」と「温かい」

  8. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  9. 「懐古」と「回顧」

  10. 「根本的」と「抜本的」

TOP