「謝罪」「陳謝」「深謝」


謝罪の意味は、罪や過ちを詫びることで、「記者会見で謝罪する」「謝罪広告」など、謝る行為を広く表す言葉。

陳謝の「陳」は、「陳述」「陳情」「開陳」などの熟語で用いられるように、「述べる」という意味があり、陳謝は事情を述べて謝ることである。
事情や経緯などを語らず、ただ頭を下げたり土下座をして謝るだけの場合、「謝罪」は使えるが「陳謝」は使えない。
また、陳謝には、礼を言うことの意味もある。

深謝は文字通り、深く謝ること。心から詫びることを意味し、話し言葉では用いず、手紙などの文章で用いられる語である。
お詫びの品の表書きには、「謝罪」や「陳謝」は使わないが、「深謝」は使われる。
ただし、深謝は深く詫びることを表すため、迷惑をかけた度合いが強い場合にのみ使い、通常のちょっとしたお詫び程度であれば、表書きには「お詫び」を使う。

また、陳謝に礼を言うことの意味があったように、深謝にも深く感謝することの意味があり、深謝は謝罪よりも感謝の意味で使われることの方が多い。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  2. 「計る」「測る」「量る」

  3. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  4. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  5. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  6. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  7. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  8. 「時期」「時季」「時機」

  9. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  10. 「ひやむぎ」と「そうめん」

おすすめ

  1. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  2. 「伯父」「叔父」「小父」

  3. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  4. 「トリ」と「大トリ」

  5. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  6. 「配布」と「配付」

  7. 「勧める」「奨める」「薦める」

  8. 「根本的」と「抜本的」

  9. 「恋」と「愛」

  10. 「寝る」と「眠る」

TOP