「若干」と「弱冠」


若干と弱冠は、いずれも「じゃっかん」と読むが、意味は全く違う。
若干は、「若干名」「若干の間違いがある」など、それほど多くない数量を表す。
弱冠は、男子20歳のこと。また、年が若いことを表す言葉で、「弱冠17歳で◯◯を達成」などと用いる。

若干には「若」の字が含まれいるため、年が若いを表す「弱冠」と混同されやすいが、「若」は「のようだ」「と同じだ」など、似たものを比べたとえる意味の「若し(ごとし)」で、「若い」という意味ではない。
若干という言葉は、「干」を「一」と「十」に分解し、「一の若く(ごとく)、十の若し(ごとし)」と読んで、「一のようでも十のようでもある」という意味から、はっきりしないが、あまり多くない数量を表すようになった。

弱冠は、古代中国では男子の20歳を「弱」といい、その年になると元服して冠をかぶったことから、男子の20歳を「弱冠」と呼ぶようになった。
そこから、20歳に限らず年が若いことも表すようになり、男性のみならず女性にも用いられるようになった。
一般的には10代や20代に使い、30代以上に使われることは少ないため、30代では難しいことを成し遂げた場合でも、「弱冠32歳にして……」といった表現はされにくい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「初め」と「始め」

  2. 「元日」「元旦」「正月」

  3. 「十分」と「充分」

  4. 「生誕」と「誕生」

  5. 「影」と「陰」

  6. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  7. 「分かれる」と「別れる」

  8. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  9. 「上る」「登る」「昇る」

  10. 「目的」と「目標」

おすすめ

  1. 「床屋」と「美容室」

  2. 「返る」「帰る」「還る」

  3. 「体」と「身体」

  4. 「恋」と「愛」

  5. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」

  6. 「成長」と「生長」

  7. 「タール」と「ニコチン」

  8. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  9. 「怒る」と「叱る」

  10. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

TOP