「ダウンロード」と「インストール」の違い

ダウンロード画像

ダウンロード(download)は、インターネットなどの通信回線を使い、パソコンやスマホなど下位のコンピュータにプログラムやデータを転送する(落とす)こと。
対義語はアップロード(upload)で、上位のコンピュータに転送することをいう。

インストール(install)は、ソフトウェアをパソコン導入したり、アプリをスマホに導入し、使用可能な状態にすることで、「セットアップ(set up)」とも呼ばれる。
対義語はアンインストール(uninstall)で、インストールしたソフト(アプリ)をコンピュータから削除することをいう。

ダウンロードとインストールの違いを簡単に言えば、パソコンなどにファイルを落とすのが「ダウンロード」、使える状態にすることが「インストール」である。

ソフトの中には、ダウンロードをするだけで使用可能な状態になるものもあるが、通常のソフトは、圧縮ファイル(.ZIP)や、自己解凍式ファイル(.EXE)を落とした後、インストールという作業をして使用可能な状態となるため、ダウンロードとインストールの二つの作業が存在する。
画像や動画、音楽などのデータは、既にインストールされたソフトを使って見たり聞いたりするものなので、インストールという作業はなく、ダウンロードのみである。

コンビニで販売されているものに例えるならば、おでんはすぐに食べられる状態になっているので、おでんを買う行為は「ダウンロード」になる。
カップラーメンは、お湯を入れて数分待つことで初めて食べられる状態になるので、買ってきた段階では「ダウンロード」、お湯を注いで食べられる状態にする行為が「インストール」である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る