「時期」「時季」「時機」


時期とは、あることを行う時。ある一定の期間。
時季とは、季節。特に、あることが盛んに行われる季節や、そのことをするのに最もふさわしい時期。
時機とは、あることを行うのにちょうど良い機会。

時期と時季と時機の使い分けは、英語で考えるとわかりやすく、時期は「タイム(time)」、時季は「シーズン(season)」、時機は「チャンス(chance)」である。

使い分けを間違えやすいのは時期と時季で、期間を表すのか季節を表すのか迷う場合である。

「入学のじき」といえば「春」だが、入学を行う時を表すため、「入学の時季」ではなく「入学の時期」。

「寒いじき」で「冬」という季節を強調したいのであれば、「寒い時季」と書くことも間違いとは言い切れないが、普通は寒い期間を表すため「寒い時期」と書く。

「行楽のじき」は「行楽シーズン」に置き換えられるように、行楽が盛んに行われる季節を表すため、「行楽の時季」と書く。
しかし、「行楽でにぎわうじき」という場合は期間を表すため、「行楽でにぎわう時期」と書く。

時期と時機の使い分けで間違えやすいのは、あることを行うにはまだ早いことを意味する四字熟語の「じきしょうそう」。
タイミングであってチャンスではないめ、「時機尚早」ではなく「時期尚早」と書く。
また、「じきそうしょう」と読んだり、「時期早尚」と書くのも誤りである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  2. 「作る」「造る」「創る」

  3. 「整理」と「整頓」

  4. 「計る」「測る」「量る」

  5. 「記入」「記載」「記述」

  6. 「修正」と「訂正」

  7. 「たらこ」と「明太子」

  8. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  9. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  10. 「生かす」と「活かす」

おすすめ

  1. 「定価」「希望小売価格」「オープン価格」

  2. 「バカ」と「アホ」

  3. 「苦情」「クレーム」「文句」「抗議」

  4. 「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

  5. 「芸能人」「タレント」「有名人」

  6. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  7. 「足」「脚」「肢」

  8. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  9. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  10. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

TOP