タグ:法律

  • 正義の女神の画像

    「違法」「不法」「非合法」「脱法」の違い

    違法と不法と非合法と脱法は、法律にそむくという意味では共通するが、「違法駐車」とは言っても「不法駐車」とは言わず、「不法監禁」とは言っても「違法監禁」とは言わないように、これらの言葉は使い分けされていることが多い。 …
  • 自白を強要する画像

    「自白」と「自供」の違い

    自白とは、隠している事実や犯した罪を自ら白状すること。 自供とは、容疑者や犯人が取調べに対し、自分から犯罪事実を申し述べること。 自分の犯した罪を認めるという意味では、自白も自供も使われる。 しかし、自供は犯罪…
  • 逮捕される画像

    「逮捕」「検挙」「摘発」の違い

    逮捕とは、刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置することで、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯逮捕の三種類ある。 通常は裁判所が発する逮捕状が必要で、被疑者が特定されただけでは逮捕とはならない。 検挙とは、…
  • 書類作成の画像

    「行政書士」と「司法書士」の違い

    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 いずれも国家資格だが、行政書士は、総務省管轄の行政書士法に基づいた国家資格で、自治体や警察署への手続きが主な業務。 司…
  • ガベルと手錠の画像

    「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮捕」の違い

    刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置する逮捕には、「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮捕(準現行犯逮捕)」の3種類ある。 通常逮捕とは、裁判所が発する逮捕状に基づいて被疑者を逮捕する手続き。 手続き…
  • 容疑者逮捕の瞬間画像

    「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。 逮捕されていなくても嫌疑を受け…
  • 懲役を科せられた人の画像

    「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」の違い

    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品や木工の加工、靴や衣類の製作、刑事施設内の炊事、洗濯、清掃などの刑務作業が科せられる刑罰。 作業に従事した受刑者には、…
  • 手錠の画像

    「自首」と「出頭」の違い

    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を求めること。 刑法に規定されている用語で、刑の軽減が考慮される。 取り調べ中に、まだ発覚していない別件の犯罪を自ら告…
ページ上部へ戻る