「方言」と「訛り」


訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言の要素を「訛り」と言うと間違である。

方言は、共通語に対して、ある特定の地域だけで使用される言葉をさす。
訛りは、標準語に比べて、地域特有の発音をさす。

訛りは、標準語と異なるアクセントやイントネーション、発声法などのこと。
標準語で「雨(あめ)」は「高低」とアクセントを置き、関西弁では「低高」に置くといったアクセントの違いや、ズーズー弁のような東北特有の発声法は、訛りであり方言でもある。

異なる言い回しは、訛りではなく方言。
北海道の「なまら(非常に)」、沖縄の「めんそーれー(いらっしゃい)」などは、特定の地域で使用される独特の言い回しなので、「訛り」とは言わず「方言」と言う。

ランダム 今見られているページ
  1. 「染料インク」と「顔料インク」

  2. 「自然」と「天然」

  3. 「商品」と「製品」

  4. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」

  5. 「川」「河」「河川」

  1. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  2. 「押さえる」と「抑える」

  3. 「足」「脚」「肢」

  4. 「異常」と「異状」

  5. 「追求」「追及」「追究」

  6. 「初め」と「始め」

  7. 「心肺停止」と「死亡」

  8. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  9. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  10. 「重体」「重傷」「軽傷」

おすすめ

  1. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  2. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  3. 「トリ」と「大トリ」

  4. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

  5. 「日射病」「熱射病」「熱中症」

  6. 「苦情」「クレーム」「文句」「抗議」

  7. 「トナカイ」と「鹿」

  8. 「整える」と「調える」

  9. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  10. 「生誕」と「誕生」

TOP