「方言」と「訛り」


訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言の要素を「訛り」と言うと間違である。

方言は、共通語に対して、ある特定の地域だけで使用される言葉をさす。
訛りは、標準語に比べて、地域特有の発音をさす。

訛りは、標準語と異なるアクセントやイントネーション、発声法などのこと。
標準語で「雨(あめ)」は「高低」とアクセントを置き、関西弁では「低高」に置くといったアクセントの違いや、ズーズー弁のような東北特有の発声法は、訛りであり方言でもある。

異なる言い回しは、訛りではなく方言。
北海道の「なまら(非常に)」、沖縄の「めんそーれー(いらっしゃい)」などは、特定の地域で使用される独特の言い回しなので、「訛り」とは言わず「方言」と言う。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「パート」と「アルバイト」

  2. 「分かれる」と「別れる」

  3. 「開放」と「解放」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  6. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  7. 「分かる」「解る」「判る」

  8. 「戦略」と「戦術」

  9. 「整理」と「整頓」

  10. 「卵」と「玉子」

おすすめ

  1. 「御社」と「貴社」

  2. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

  3. 「伯父」「叔父」「小父」

  4. 「可愛い」と「可愛らしい」

  5. 「戦略」と「戦術」

  6. 「パート」と「アルバイト」

  7. 「児童」「生徒」「学生」

  8. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  9. 「記入」「記載」「記述」

  10. 「通夜」「葬儀」「告別式」

TOP