「ねだる」「せがむ」「せびる」


「ねだる」「せがむ」「せびる」は、私的に何かを強く要求することであるが、ニュアンスに違いがある。

「ねだる」と「せがむ」は、親密な関係にあるものが、甘えるように要求すること。
ねだるは物品の要求や行動など使われる範囲が広い。
せがむ」は「抱っこをせがむ」のように行為を要求する意味で多く用いる。

「お小遣いをねだる」と「お小遣いをせがむ」はどちらも使うが、せがむは行為の要求になるため、「お小遣いをくれとせがむ」とした方がより正しい言い方となる。
行為を要求する意味では、「ねだる」も「せがむ」も使えるが、「ねだる」の方が幼児的なため、大人が他人に行為を要求するのであれば「せがむ」を使う。

せびるは無理やり要求を通そうとしたり、弱みに付け込んで金品を強要することを表す。
親密な関係である必要はなく、些細な関わりがある程度でも用い、「ねだる」や「せがむ」よりも甘える要素が少なくなる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「分かれる」と「別れる」

  2. 「悲しい」と「哀しい」

  3. 「飲む」と「呑む」

  4. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  5. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  6. 「上る」「登る」「昇る」

  7. 「卵」と「玉子」

  8. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  9. 「対象」「対照」「対称」

  10. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

おすすめ

  1. 「思う」と「考える」

  2. 「歳」と「才」

  3. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  4. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  5. 「御社」と「貴社」

  6. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  7. 「クレヨン」と「クレパス」

  8. 「船」と「舟」

  9. 「十分」と「充分」

  10. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

TOP