「心配」「不安」「気がかり」


物事の成り行きや結果が気になり、心が落ち着かないことを「心配」「不安」「気がかり」といい、「子供の将来が―だ」という場合は、いずれの語も使える。

「不安に襲われる」「不安な一夜を過ごす」というように、何か悪いことが起こるのではないかと漠然と気になる場合には、「不安」が多く使われる。

「天候が心配だ」「天候が気がかりだ」、「夫の体調が心配だ」「夫の体調が気がかりだ」のように、気になることが明確な場合や、具体的な兆候があって気になる場合には、「心配」「気がかり」が多く使われる。

「将来を心配する」「住居の心配をする」など「―(を)する」の形では、「不安」や「気がかり」は使えない。

「心配」は、気にかけて面倒を見たり、世話をするという意味でも使われる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  2. 「上る」「登る」「昇る」

  3. 「悲しい」と「哀しい」

  4. 「精算」と「清算」

  5. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  6. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  7. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  8. 「精進」と「邁進」

  9. 「伯母」「叔母」「小母」

  10. 「計る」「測る」「量る」

おすすめ

  1. 「始末書」と「顛末書」

  2. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  3. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  4. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  5. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  6. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  7. 「パート」と「アルバイト」

  8. 「早い」と「速い」

  9. 「御社」と「貴社」

  10. 「大学」と「大学校」

TOP