「海老」と「蝦」


エビを「海老」と表記するのは、長い髭と曲がった腰が老人のように見えることからの当て字で、日本で作られた。
「蝦」は中国から伝わった漢字で、仮面や外皮をかぶる意味の「叚」と、古くは動物の総称であった「虫」からなる。

海老と蝦の使い分け方は、移動の仕方で区別されている。

エビには、イセエビやロブスターのように大型で砂地に生息して海底を歩く種と、クルマエビやサクラエビのように中・小型で海中を泳ぐ種がある。
そのうち、歩行型のエビには「海老」、遊泳型のエビには「蝦」の漢字が使われる。

ただし、この使い分け方は厳格に決まっているものではなく、日本では「蝦」よりも「海老」の表記が一般的であるため、クルマエビやサクラエビなども、「車蝦」「桜蝦」ではなく、「車海老」「桜海老」と書かれることが多い。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  2. 「裸足」「素足」「生足」

  3. 「追求」「追及」「追究」

  4. 「準備」「用意」「支度」

  5. 「彗星」と「流星」

  1. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  2. 「対象」「対照」「対称」

  3. 「上る」「登る」「昇る」

  4. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  5. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  6. 「褒める」と「誉める」

  7. 「分かる」「解る」「判る」

  8. 「留意」「注意」「用心」

  9. 「精進」と「邁進」

  10. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

おすすめ

  1. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  2. 「たらこ」と「明太子」

  3. 「筆者」「著者」「作者」

  4. 「指示」「指図」「指導」

  5. 「マナー」と「エチケット」

  6. 「校正」と「校閲」

  7. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  8. 「ピーマン」と「パプリカ」

  9. 「文」「文章」「文書」

  10. 「配布」と「配付」

TOP