「祝日」「祭日」「祝祭日」


暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である。

昭和22年(1947年)に皇室祭祀令が廃止されるまでは、皇室で儀式や祭典を行われる日を「祭日」と呼び、祝日とともに国家の休日とされていたことから、祝日と祭日の総称を「祝祭日」といった。

「国民の祝日に関する法律」が制定された昭和23年(1948年)以降は、「祝日」もしくは「国民の祝日」と言うのが正しい。

現在は「祭日」が無いため、「祭日」や「祝祭日」と呼ぶのは正しくないが、皇室祭祀令のなごりから、今でも「祭日」や「祝祭日」と呼ばれる。
また、11月23日の勤労感謝の日は、かつての「新嘗祭」であったように、現在の祝日に受け継がれている祭日もある。

祝日以外に国の定めた休日には「振替休日」と「国民の休日」があるが、これらも含めて「祝日」を指すことが多い。

振替休日は、祝日が日曜日と重なった場合に、その日以後、最も近い国民の祝日以外の日を休日とするもの。
国民の休日は、前日と翌日が国民の休日に挟まれた日で、その日が国民の祝日にあたらない日を休日とするものである。

ランダム 今見られているページ
  1. 「二期作」と「二毛作」

  2. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  3. 「印鑑」「はんこ」「印章」

  4. 「燃やす」「焼く」「焚く」

  5. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  1. 「署名」「記名」「サイン」

  2. 「召集」と「招集」

  3. 「臭い」「匂い」「香り」

  4. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  5. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  6. 「初め」と「始め」

  7. 「計る」「測る」「量る」

  8. 「始末書」と「顛末書」

  9. 「目的」と「目標」

  10. 「戦略」と「戦術」

おすすめ

  1. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  2. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  3. 「開放」と「解放」

  4. 「以下」と「未満」

  5. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  6. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  7. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  8. 「朝令暮改」と「朝三暮四」

  9. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  10. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

TOP