「効く」と「利く」


効くには「効果」や「効能」の熟語があるように、「薬が効く」「宣伝が効く」など、効果や働きが現れることに使う。

利くはそれ以外の場合に使い、「鼻が利く」「気が利く」「機転が利く」「ブレーキが利く」など、十分に機能を発揮する、役立つという意味。「融通が利く」「小回りが利く」など、可能である、できるという意味で使う。
また、「口を利く」の形で、「生意気な口を利く」「無駄口を利く」など物を言う意味や、「伯父の口利きで就職した」など世話をするという意味でも使われる。

わさび・甘味・辛味・酸味・出汁・パンチなどのように、効果とも機能ともとれるものの場合は、意味に合わせて「効く」と「利く」を使い分けるか、判断が難しい場合は、ひらがなで「きく」と書く。

意味に合わせて「利く」と「効く」を使い分ける際に注意をしたいのは、使えない場合があるということ。
「わさびを利かせる」や「パンチを利かせる」のように、利くであれば「働かせる」「機能を発揮させる」という意味の他動詞として使うことができる。
しかし、効くを他動詞として使おうとすると、「効果を現れさせる」という変な意味になる。
そのため、効くは「わさびが効いてる」や「パンチが効く」といった形の自動詞としてしか使えない。

ランダム 今見られているページ
  1. 「キャンディ」と「ドロップ」

  2. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  3. 「対応」と「応対」

  4. 「屁」と「おなら」

  5. 「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」

  1. 「タール」と「ニコチン」

  2. 「改定」と「改訂」

  3. 「ピーマン」と「パプリカ」

  4. 「パート」と「アルバイト」

  5. 「配布」と「配付」

  6. 「鮭」と「サーモン」

  7. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  8. 「以下」と「未満」

  9. 「モツ」と「ホルモン」

  10. 「延期」「順延」「延長」

おすすめ

  1. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  2. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  3. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  4. 「羽」と「羽根」

  5. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  6. 「竹」と「笹」

  7. 「焼く」「炒める」「炒る」

  8. 「初め」と「始め」

  9. 「共同」「協同」「協働」

  10. 「ジュゴン」と「マナティ」

TOP