「主催」「協賛」「協力」「後援」


コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力・後援。
主催以外の協賛・協力・後援に明確な定義はないが、多くの場合、援助の仕方によって使い分けられている。

主催は、イベント開催の中心となって企画・運営を行う人物や団体・機関のことで、協賛・協力・後援などの援助者とは大きく異なる。
主催が複数になる場合は、共催や共同主催という。
また、主催に運営を委託され管理を行う者は、主管と呼ばれる。
主催はイベントの中心となることから、事故の発生時などにはその責任が問われる。

協賛は、催し物の趣旨に賛同し、協力することで、興行においての協賛は、いわゆるスポンサーのことをいう。
金銭的援助を中心に、人的・物的・サービス等の提供も行われる。
協賛の中でも、ほとんどの費用を拠出する者は「特別協賛」と呼ばれ、企業名や商品名などを冠した冠イベントとなることもある。

協力は、目的に向けて力を合わせること。
興行においての協力は、資金の拠出をすることもあるが、あってもそれほど多額ではなく、資金面よりも、物品や場所の提供など、イベントを進行する上で特定の役割を受け持つ。
協賛と同じく、中でも一番の協力者を「特別協力」と呼ぶことがある。

後援は、物事が円滑に進むよう、後ろ盾となる個人や団体のこと。
興行においての後援は、公共機関や新聞社など、公共性の高い団体が主で、そのイベントに箔を付けたり、社会的信用を得るための単なる名義貸しである。
金銭的な援助をすることは少なく、公的資金を援助している場合は「助成」とされる。
報道機関が後援の場合は、広報活動の援助も行われる。
協賛や協力と同じく、中でも一番援助を行う者を「特別後援」と呼ぶことがある。

ランダム 今見られているページ
  1. 「離す」と「放す」

  2. 「ハイキング」「ピクニック」「遠足」

  3. 「ウイスキー」と「ブランデー」

  4. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  5. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  1. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  2. 「越える」と「超える」

  3. 「作る」「造る」「創る」

  4. 「足」「脚」「肢」

  5. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  6. 「暖かい」と「温かい」

  7. 「配布」と「配付」

  8. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  9. 「歳」と「才」

  10. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

おすすめ

  1. 「湯布院」と「由布院」

  2. 「伺う」と「窺う」

  3. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  4. 「辞典」「事典」「字典」

  5. 「朝令暮改」と「朝三暮四」

  6. 「長い」と「永い」

  7. 「懐古」と「回顧」

  8. 「不倫」と「浮気」

  9. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  10. 「送る」と「贈る」

TOP