「人魚の数え方」と「鬼の数え方」


人魚は上半身は人間の女性の形をしているが、下半身は魚の形をしている。
鬼は体は人間の形をしているが、頭に角が生えていたり、口には鋭い牙がある。
人魚も鬼も人間と似た形をしている点では共通するが、人魚の数え方と鬼の数え方には違いがある。

人魚は「一人、二人」と数える。
同様に、上半身は人間で下半身が馬のケンタウルスも、「一人、二人」である。
鬼は基本的に「一匹、二匹」と数えるが、例外的に「一人、二人」と数えられることがある。

人魚やケンタウルスを「一人、二人」と数えるのは、人間と同等の生き物として捉えられているためで、人魚は人間と同じように恋愛をすることから、ケンタウルスは人間の言葉を話すことからである。

鬼の数え方に「一匹、二匹」と「一人、二人」があるのは、悪魔を「一匹、二匹」、天使を「一人、二人」と数えることと似ている。

鬼は性質が荒く、人に災いをもたらす生き物で、人間と友好関係にない生き物と捉えられているため、基本的には「一匹、二匹」である。
しかし、人間と友好関係にある鬼となれば、数え方は「一人、二人」。
『泣いた赤鬼』の話では、優しい心を持ち、人間と仲良くしようとする鬼が描かれているため、「一人、二人」と数えられている。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「Q&A」と「FAQ」

  2. 「コスプレ」「仮装」「変装」「扮装」

  3. 「尊い」と「貴い」

  4. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」

  5. 「積極的」「自発的」「能動的」

  1. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  2. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  3. 「影」と「陰」

  4. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  5. 「遵守」と「順守」

  6. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  7. 「修正」と「訂正」

  8. 「調理」と「料理」

  9. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  10. 「パート」と「アルバイト」

おすすめ

  1. 「陶器」と「磁器」

  2. 「おざなり」と「なおざり」

  3. 「顧みる」と「省みる」

  4. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  5. 「生誕」と「誕生」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「重体」「重傷」「軽傷」

  8. 「押印」「捺印」「押捺」

  9. 「越える」と「超える」

  10. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」

TOP