「人魚の数え方」と「鬼の数え方」


人魚は上半身は人間の女性の形をしているが、下半身は魚の形をしている。
鬼は体は人間の形をしているが、頭に角が生えていたり、口には鋭い牙がある。
人魚も鬼も人間と似た形をしている点では共通するが、人魚の数え方と鬼の数え方には違いがある。

人魚は「一人、二人」と数える。
同様に、上半身は人間で下半身が馬のケンタウルスも、「一人、二人」である。
鬼は基本的に「一匹、二匹」と数えるが、例外的に「一人、二人」と数えられることがある。

人魚やケンタウルスを「一人、二人」と数えるのは、人間と同等の生き物として捉えられているためで、人魚は人間と同じように恋愛をすることから、ケンタウルスは人間の言葉を話すことからである。

鬼の数え方に「一匹、二匹」と「一人、二人」があるのは、悪魔を「一匹、二匹」、天使を「一人、二人」と数えることと似ている。

鬼は性質が荒く、人に災いをもたらす生き物で、人間と友好関係にない生き物と捉えられているため、基本的には「一匹、二匹」である。
しかし、人間と友好関係にある鬼となれば、数え方は「一人、二人」。
『泣いた赤鬼』の話では、優しい心を持ち、人間と仲良くしようとする鬼が描かれているため、「一人、二人」と数えられている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  2. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  3. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  4. 「聞く」「聴く」「訊く」

  5. 「戦略」と「戦術」

  6. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  7. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  8. 「観賞」と「鑑賞」

  9. 「コリアンダー」と「パクチー」

  10. 「時期」「時季」「時機」

おすすめ

  1. 「ラーメン」「中華そば」「支那そば」

  2. 「恋」と「愛」

  3. 「船」と「舟」

  4. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  5. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  6. 「暖かい」と「温かい」

  7. 「卵」と「玉子」

  8. 「チョコレート」と「ショコラ」

  9. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

  10. 「根本的」と「抜本的」

TOP