「暖かい」と「温かい」


「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。
気温や気候が、寒すぎず暑すぎもせず、程よいさまを表す際には「暖かい」と書く。
物の温度や体温が、冷たすぎず熱すぎもせず、程よいさまを表す際には「温かい」と書く。
つまり、体全体で感じることには「暖かい」を使い、対義語は「寒い」。
手や舌など体の部分や、心で感じることには「温かい」を使い、対義語は「冷たい」になるのである。

「あたたかいもてなし」や「あたたかい眼差し」のように、愛情や思いやりなどがあって感じがよいことを表す「あたたかい」は、「心」のあたたかさをいうため「温かい」を使い、熟語では「温情」や「温和」が当てはまる。
「暖かいもてなし」「暖かい眼差し」の反対表現は、「冷たいもてなし」や「冷たい眼差し」になる。

赤色・黄色・オレンジ色などをいう時の「あたたかい色」は、視覚から体全体があたたまる印象を受けるものなので、「暖かい色」と書き、対義語は「寒い色」。
熟語では「暖色」、対義語は「寒色」である。

「懐があたたかい」のように、金銭が十分にあることを表す「あたたかい」も、経済的に豊かで体全体があたたまるようなことをいうため、「暖かい」と書き、反対は「懐が寒い」になる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「違法」「不法」「非合法」「脱法」

  2. 「材料」「原料」「原材料」「素材」「資材」

  3. 「たらこ」と「明太子」

  4. 「目」と「眼」

  5. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  1. 「聞く」「聴く」「訊く」

  2. 「越える」と「超える」

  3. 「作る」「造る」「創る」

  4. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  5. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  6. 「冒険」「探検」「探険」

  7. 「十分」と「充分」

  8. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  9. 「思う」と「想う」

  10. 「同居」「同棲」「内縁」

おすすめ

  1. 「御社」と「貴社」

  2. 「クレヨン」と「クレパス」

  3. 「探す」と「捜す」

  4. 「アヤメ」「ショウブ」「カキツバタ」

  5. 「取締役」「役員」「執行役員」

  6. 「許可」と「認可」

  7. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  8. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  9. 「知識」「知恵」「見識」

  10. 「共同」「協同」「協働」

TOP