「残る」と「余る」


ある事を行った後に、なくならないで存在するものがあることを「残る」や「余る」、その存在するものを「残り」や「余り」という。
これらの違い・使い分け方は、どこに重点を置くかである。

残る(残り)は、「会社に残る」「傷が残る」というように、「なくならないで存在する」「まだある」ところに重点が置かれる。
余る(余り)は、「人手が余る」というように、「一定の基準を超えてもある」「余分である」ところに重点が置かれる。

「料理が残る」と「料理が余る」はどちらも使うが、この場合も重点が置かれるところによって使い分けをする。

3人で食事をするので3人分の料理を作ったが、全ては食べきれなかったという場合は、まだ存在することをいうため「料理が残る」。
3人で食事をするのに4人分の料理を作ってしまい、多くて食べきれなかったという場合は、余分であることをいうため「料理が余る」となる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「帰る」「戻る」「引き返す」

  2. 「自然」と「天然」

  3. 「準備」「用意」「支度」

  4. 「ポッキー」と「プリッツ」

  5. 「重体」と「重態」

  1. 「伯父」「叔父」「小父」

  2. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  3. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  4. 「遵守」と「順守」

  5. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  6. 「使用」と「利用」

  7. 「午前12時」と「午後0時」

  8. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  9. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  10. 「おざなり」と「なおざり」

おすすめ

  1. 「分かる」「解る」「判る」

  2. 「恋」と「愛」

  3. 「宿命」と「運命」

  4. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  5. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  6. 「カヌー」と「カヤック」

  7. 「共同」「協同」「協働」

  8. 「花」と「華」

  9. 「筆者」「著者」「作者」

  10. 「臭い」「匂い」「香り」

TOP