「聞く」「聴く」「訊く」


聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。
聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のように、音や声などを自然に耳に入ってくること。
聴くは、「音楽を聴く」「講義を聴く」「国民の声を聴く」のように、積極的に耳を傾けることを表す。

「聞き耳を立てる」や「聞き惚れる」など複合語の場合は、積極的であっても「聞く」を使うのが一般的である。
「きこえる」は、音や声を自然と耳に感じるものなので、普通は「聞こえる」と書くが、音楽や歌声が自然と耳に入り、その世界に引き込まれることを表す場合は、「聴こえる」と書くこともある。

訊くは、「道を訊く」「都合を訊く」のように、尋ねる、問うことを意味する。
ただし、「訊く」を「きく」と読むのは、常用漢字表にない読み方であるため、公用文では一般的な「聞く」が使われる。
尋ねることを表すため、「訊かれる」ことはあっても「訊こえる」ことはない。

聞くには、「言いつけを聞く」「忠告を聞く」のように、従う、受け入れるという意味もある。
「国民の声を聴く」であれば、国民の意見に耳を傾けることを表すが、「国民の声を聞く」では、国民の意見に従うことになる。
この場合は、「聴く」を使った方が正しい表現となるが、複合語には「聞く」が使われるなど、最も一般的な表記が「聞く」であるため、完全な誤りとは言い切れない。

その他、「香を聞く」「酒を聞く」のように、匂いや味の良し悪しを感じ取り、識別する意味でも「聞く」は使われ、「利く」とも書く。
酒の良し悪しを鑑定する「ききざけ」は、「聞き酒」と表記することもあるが、一般的には「利き酒」と書かれる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「タイツ」と「ストッキング」

  2. 「ピント」と「フォーカス」

  3. 「預金」「貯金」「貯蓄」

  4. 「価格」「値段」「料金」「代金」「代価」「金額」

  5. 「歌手」「声楽家」「シンガー」

  1. 「利子」「利息」「金利」

  2. 「聞く」「聴く」「訊く」

  3. 「整理」と「整頓」

  4. 「コリアンダー」と「パクチー」

  5. 「暖かい」と「温かい」

  6. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  7. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  8. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  9. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  10. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

おすすめ

  1. 「初め」と「始め」

  2. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  3. 「作る」「造る」「創る」

  4. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  5. 「延期」「順延」「延長」

  6. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」

  7. 「科学」と「化学」

  8. 「一生懸命」と「一所懸命」

  9. 「姑息」と「卑怯」

  10. 「ご来光」と「初日の出」

TOP