「夏季」と「夏期」


夏季とは、夏の季節のことで、季節が中心にある言葉。
「夏季オリンピック」「夏季限定メニュー」など、夏だからこそ行われることには「夏季」が使われる。

夏期とは、夏の期間のことで、期間が中心にある言葉。
「夏期講習」「夏期大学」など、それ自体は季節を問わず行われるもので、今回行う期間が夏という場合に「夏期」が使われる。

夏季休暇と夏期休暇の場合は、暑い夏の季節だから休むものと捉えれば「夏季休暇」、夏の間の一定期間の休みと捉えれば「夏期休暇」となる。
どちらか一方が間違いということではなく、捉え方の違いだけなので、使いたい方を使えばよい。

ただし、学校教育法施行令では休業日について「夏季」を使用しているため、学校では「夏季休暇」を使う必要がある。
また、これにならって新聞やテレビも「夏季休暇」を使っているため、「夏季休暇」と「夏期休暇」で迷う場合は、「夏季休暇」を使用するのが無難である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「始末書」と「顛末書」

  2. 「悲しい」と「哀しい」

  3. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  4. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  5. 「異常」と「異状」

  6. 「取締役」「役員」「執行役員」

  7. 「思う」と「想う」

  8. 「足」「脚」「肢」

  9. 「戦略」と「戦術」

  10. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

おすすめ

  1. 「越える」と「超える」

  2. 「怒る」と「叱る」

  3. 「マナー」と「エチケット」

  4. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  5. 「長い」と「永い」

  6. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」

  7. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  8. 「飲む」と「呑む」

  9. 「回復」と「快復」

  10. 「目的」と「目標」

TOP