「定価」「希望小売価格」「オープン価格」


定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。

希望小売価格(メーカー希望小売価格)は、商品のメーカーなどが小売業者に対し、「この値段で販売して欲しい」という希望で付けられた価格。
定価のような拘束力はなく、実際の販売価格は小売業者の裁量で決められる。

オープン価格(オープンプライス)は、出荷価格だけをメーカーが決め、販売価格については小売業者が自由に設定できるものである。

かつては、あらゆる商品に「定価」の文字があったが、メーカーや卸業者が出荷先に販売価格を拘束する行為は、独占禁止法によって一部例外を除いて禁止されており、定価は販売価格の拘束と受け取れるため、「希望小売価格」や「参考小売価格(参考価格)」「標準小売価格」の表示が多くなった。
定価表示を例外として認められているのは、「再販売価格維持制度(再販制度)」で価格の維持が認められている、書籍・雑誌・新聞・レコード・音楽用テープ・音楽用CDといった著作物や、国の許認可で販売されるタバコである。

「希望小売価格」の次に登場したのが「オープン価格」。
1980年代中頃から家電量販店などによる値下げ競争が激化し、「希望小売価格」が有名無実化したことが「オープン価格」の契機といわれる。

「希望小売価格5万円の50%OFF」と表示しているが、半額の2万5千円が相場であった場合、他より安い訳でもないのに、消費者は激安販売されているよう錯覚させられる。
このような二重価格表示問題が起きたことから、公正取引委員会が「15%以上の値引きが市場の2/3以上で、20%以上の値引きが市場の1/2以上で行われている場合は二重価格」という基準を設けた。
その基準に抵触しないため、メーカーはモデルチェンジで値崩れしやすい旧モデルに「オープン価格」を採用したが、「希望小売価格」が設定されている商品に関しては、値引き率の強調表示続いたため、多くの家電製品に「オープン価格」が採用されるようになった。

現在では家電以外のメーカーでも、「オープン価格」を採用するところが増えてきている。

ランダム 今見られているページ
  1. 「幻覚」「錯覚」「幻視」「錯視」「誤認」

  2. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  3. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  4. 「延期」「順延」「延長」

  5. 「聞く」「聴く」「訊く」

  1. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  2. 「共同」「協同」「協働」

  3. 「パート」と「アルバイト」

  4. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  5. 「思う」と「想う」

  6. 「たらこ」と「明太子」

  7. 「取締役」「役員」「執行役員」

  8. 「重体」「重傷」「軽傷」

  9. 「寝る」と「眠る」

  10. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

おすすめ

  1. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

  2. 「Q&A」と「FAQ」

  3. 「コンサート」と「リサイタル」

  4. 「花」と「華」

  5. 「寿司」「鮨」「鮓」

  6. 「徳利」と「お銚子」

  7. 「川」「河」「河川」

  8. 「森」と「杜」

  9. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  10. 「クレヨン」と「クレパス」

TOP