「夫婦」と「夫妻」


夫婦も夫妻も、夫と妻、婚姻関係にある男女のことで、意味に違いはないが使い方に違いがある。

夫婦は自分たちにも他人にも使うが、夫妻は他人に対してのみ使う。
そのため、「私たち夫婦」とは言うが、「私たち夫妻」とは言わない。

他人に対しては夫婦も夫妻も使えるが、夫妻は夫婦よりも改まった言い方であるため、上司や先生など敬意を払わなければいけない相手には、「◯◯(ご)夫妻」と「夫妻」を使ったほうがよい。

「夫婦喧嘩」を「夫妻喧嘩」、「夫婦別姓」を「夫妻別姓」、「仮面夫婦」を「仮面夫妻」、「似た者夫婦」を「似た者夫妻」などと言わないように、他の単語と合わさってひとつの名詞となっている言葉の場合は、敬意を払う必要のある相手のことであっても「夫妻」は使わない。

「弟夫婦」など親族、「友達夫婦」など対等な相手、「犯人夫婦」など敬意を払う必要がない相手には、「夫婦」を用いるのが一般的である。
ただし、対等な相手であっても、普段から上品な言葉を使っている場合や、相手と一線を引いた関係にある場合などは「夫妻」が使われる。

その他、「夫婦というものは」というように、一般論として婚姻関係にある男女のことを話す場合は、「夫妻」ではなく「夫婦」が使われる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  2. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  3. 「野菜」と「果物」

  4. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  5. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  1. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  2. 「以下」と「未満」

  3. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  6. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  7. 「午前12時」と「午後0時」

  8. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  9. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  10. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

おすすめ

  1. 「大学」と「大学校」

  2. 「戦争」「紛争」「内戦」

  3. 「コンサート」と「リサイタル」

  4. 「分かる」「解る」「判る」

  5. 「タクシー」と「ハイヤー」

  6. 「たらこ」と「明太子」

  7. 「絞る」と「搾る」

  8. 「戦略」と「戦術」

  9. 「寝る」と「眠る」

  10. 「可愛い」と「可愛らしい」

TOP