「夫」「主人」「旦那」「亭主」


夫婦のうち、男性の方を表す言葉には、夫・主人・旦那・亭主などがあるが、最も一般的な呼称は「夫」で、自分の配偶者に対しても、第三者の配偶者に対しても使われる。
ただし、話し相手の配偶者に対して、「夫」を使うことはない。

夫の次に、「主人」が多く使われる。
夫よりも丁寧な言い方で、自分の配偶者をいう際は、夫を立てた表現となり、「ご主人」の形で第三者の配偶者をいう際には、敬意を込めた表現となる。
しかし、主人という言葉は元々、上下関係・主従関係を表し、「一家のあるじ」「自分の仕える人」といった意味を含む言葉であるため、最近では避けられることも多い。

旦那も亭主も、「一家のあるじ」という意味があり、本来は敬意を込めた言い方であったが、現代では、ややくだけた表現として捉えられており、自分の配偶者についても、第三者の配偶者についても、親しい間柄でのみ使われるようになってきている。

主人に「雇用主」の意味があるように、亭主には「宿屋や茶店などのあるじ」の意味がある。
また、旦那は元々「お布施」から「寺院の施主」を表すようになり、転じて、「生活の面倒を見る人」「パトロン」の意味となり、奉公人が主人をいったり、妻が夫を呼ぶときの敬称となった言葉である。
ちなみに、「寺院の施主」の意味で「だんな」を用いる際は、「檀那」と表記される。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「生誕」と「誕生」

  2. 「時期」「時季」「時機」

  3. 「利子」「利息」「金利」

  4. 「配布」と「配付」

  5. 「午前12時」と「午後0時」

  6. 「シャベル」と「スコップ」

  7. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  8. 「生かす」と「活かす」

  9. 「押さえる」と「抑える」

  10. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

おすすめ

  1. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  2. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  3. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  4. 「同居」「同棲」「内縁」

  5. 「異常」と「異状」

  6. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  7. 「Q&A」と「FAQ」

  8. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  9. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

  10. 「回り」「周り」「廻り」

TOP