「干支」と「十二支」


今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と表現されるが、干支は十干と十二支を合わせた「十干十二支」の略なので、本来は誤りである。

十干は、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)。
十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。

この十干と十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)というのが干支で、2016年であれば「丙申(ひのえざる)」、2017年であれば「丁酉(ひのととり)」が干支である。
干支には60の組み合わせがあり、一巡すると還暦になる。

干支の読みには、「えと」と「かんし」がある。
「えと」でも「かんし」でも十二支を表していなことに変わりはないが、十二支を表すのであれば、「干支」の音読「かんし」の方がまだ正しいといえる。

十干をよく見ると分かるが、「えと」は十干のことである。
十干は、五行(木・火・土・金・水)に、陽を表す「兄(え)」と陰を表す「弟(と)」を付けたもので、甲であれば「木の兄(きのえ)」、癸であれば「水の弟(みずのと)」を表す。
ここから、十干を「えと」と呼ぶようになり、干支も「えと」と読むようになっただけで、本来、「えと」に十二支は含まれていないのである。

ただし、現代では十干が使われることが少なく、干支といえば十二支、干支の読みは「えと」が一般的になっているため、「干支(えと)=十二支」でも間違いとは言えなくなっている。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「毒薬」「劇薬」「毒物」「劇物」

  2. 「体幹」と「インナーマッスル」

  3. 「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」

  4. 「青田買い」と「青田刈り」

  5. 「トナカイ」と「カリブー」

  1. 「精算」と「清算」

  2. 「たらこ」と「明太子」

  3. 「精進」と「邁進」

  4. 「目的」と「目標」

  5. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  6. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  7. 「対象」「対照」「対称」

  8. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  9. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  10. 「悲しい」と「哀しい」

おすすめ

  1. 「探求」と「探究」

  2. 「初め」と「始め」

  3. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  4. 「開放」と「解放」

  5. 「タール」と「ニコチン」

  6. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  7. 「ズワイガニ」「松葉ガニ」「越前ガニ」

  8. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  9. 「湯布院」と「由布院」

  10. 「悲しい」と「哀しい」

TOP