「関東雛」と「京雛」


関東で作られる雛人形を「関東雛」、京都で作られる雛人形を「京雛」という。
関東雛と京雛では、顔立ちに違いがあり、雛人形を飾る際の並べ方も、男雛(お殿様)と女雛(お姫様)の座る位置が左右反対である。

顔立ちの特長として、関東雛は目が大きめで、口元がふっくらしており、優し気な表情をしているものが多い。
京雛は切れ長の目で、鼻筋が通っており、高貴で品のある表情をしているものが多く、鼻筋を中心に見ると見分けやすい。

男雛と女雛の座る位置は、関東雛では、向かって左に男雛、向かって右に女雛。
京雛では、向かって右に男雛、向かって左に女雛となっている。

日本では、古来から右よりも左の方が上位とされており、京雛は御所における玉座の位置に従い、左(向かって右)に男雛、右(向かって左)に女雛が座っている。

関東雛がその反対となっているのは、大正天皇が関係しているといわれる。
明治時代に多くの西洋文化が日本に入ったが、国際儀礼では日本とは反対で、右が上位、左が下位とされているため、大正天皇の即位の礼では、天皇陛下が洋装で皇后陛下の右に立たれた。
ここから、雛人形の座る位置も、右(向かって左)に男雛、左(向かって右)に女雛という形が、関東を中心に広がっていった。

全国的には関東雛が多いため、座り位置も向かって左に男雛という形が一般的だが、関西では京雛が多く、左右のどちらが正しいとは決まっていない。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「臭い」「匂い」「香り」

  2. 「セロハンテープ」と「セロテープ」

  3. 「トラック」と「ダンプカー」

  4. 「初め」と「始め」

  5. 「返る」「帰る」「還る」

  1. 「対象」「対照」「対称」

  2. 「早い」と「速い」

  3. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  4. 「観賞」と「鑑賞」

  5. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  6. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  7. 「同居」「同棲」「内縁」

  8. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  9. 「越える」と「超える」

  10. 「配布」と「配付」

おすすめ

  1. 「床屋」と「美容室」

  2. 「事実」と「真実」

  3. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  4. 「留意」「注意」「用心」

  5. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  6. 「Q&A」と「FAQ」

  7. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  8. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  9. 「寿司」「鮨」「鮓」

  10. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

TOP