「心肺停止」と「死亡」


心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停止の判断は可能である。
心肺停止状態であっても、心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)、人工呼吸などで蘇生する可能性があるため、死亡状態とはいえない。
ただし、心臓が停止し脳に血液が行かなくなると、4~5分程度で脳は回復不可能な障害を受けるため、心肺停止状態になったら迅速な救命措置が必要となる。

日本では、心肺停止(心停止と呼吸停止)のほかに、脈拍停止と瞳孔散大の4つを確認し、医師が死亡を宣言しなければ「死亡」とはならず、医師以外の者が死亡を宣言することはできない。
事故や災害などで、明らかに死亡している人が発見された場合であっても、警察や消防では死亡の宣言ができない。
ニュースで伝えられる「心肺停止の状態」は、死亡しているだろうけれども、まだ医師の診断ができていない状態というのがほとんどである。

海外では、日本と同じ手順で死亡が確定するとは限らない。
そのため、日本のメディアが「心肺停止」と伝える状態を、海外のメディアでは「死亡」と伝えられていることも多い。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「タール」と「ニコチン」

  2. 「影」と「陰」

  3. 「褒める」と「誉める」

  4. 「飲む」と「呑む」

  5. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「交代」と「交替」

  8. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  9. 「午前12時」と「午後0時」

  10. 「絶対」と「絶体」

おすすめ

  1. 「トナカイ」と「鹿」

  2. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  3. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  4. 「コラム」と「エッセイ」

  5. 「一生懸命」と「一所懸命」

  6. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  7. 「勧める」「奨める」「薦める」

  8. 「シャベル」と「スコップ」

  9. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  10. 「御霊前」と「御仏前」

TOP