「指示」「指図」「指導」


指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだがニュアンスに違いがある。

指示は「上司の指示を仰ぐ」「的確な指示を与える」など、物事のやり方を指し示すといった事務的な事柄に関して使われる。
一方の指図は、命令的な印象があり、反発を伴う言葉で、「お前に指図されたくない」とは言っても、「的確な指図をしてください」とは言わない。
また、指図は目の前であれこれやらせるというニュアンスが強く、「一週間前に出された指図」というようなことはない。

指導は、ある目的や方向に向かって教え導くことで、指示や指図のように、言いつけてやらせるものではない。
また、上司が部下に「今日中にこの仕事をしなさい」と出すのは指示で、今日中に終わらせることができて当然の内容である。
これが、部下の力量を考えて、今日中に終わらせられそうもない内容であった場合、どうすれば効率よくできるか教え導く必要があり、それが指導となる。
つまり、できることが前提としてあるのが指示や指図、できないことが前提としてあるのが指導である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「生かす」と「活かす」

  2. 「召集」と「招集」

  3. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  4. 「目的」と「目標」

  5. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  6. 「対応」と「応対」

  7. 「褒める」と「誉める」

  8. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  9. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  10. 「拝啓」「謹啓」「前略」

おすすめ

  1. 「ニホン」と「ニッポン」

  2. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  3. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  4. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  5. 「指示」「指図」「指導」

  6. 「成長」と「生長」

  7. 「BS」と「CS」

  8. 「戦略」と「戦術」

  9. 「友情出演」と「特別出演」

  10. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

TOP