「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」


アナウンサーは、ニュースで原稿を読んだり、番組の司会、スポーツの実況、ナレーションなどをする人。
テレビ局やラジオ局に所属するアナウンサーと、放送局に所属していないフリーアナウンサーがいる。
駅や競技場などで、マイク放送する係も「アナウンサー」と呼ぶように、主な役割は、明瞭な発声で情報の伝達・告知を行うことである。

キャスターは「ニュースキャスター」の略だが、日本独特の呼称で、アメリカでは「アンカーパーソン」や「アンカーマン(アンカーウーマン)」、イギリスでは「プレゼンター」と呼ばれる。
キャスターの主な役割は、解説・論評を交えながらニュース番組の司会・進行をすることである。
ただニュースを伝えるだけでなく、内容を理解・分析をして視聴者・聴衆者にわかりやすく伝えるという、ジャーナリストとしての能力が求められるため、アナウンサー以外では、新聞記者や報道記者など、取材経験豊富な人が務めることも多い。
エンターテインメント化されたニュースショーでは、芸能人がキャスターを務めることもある。
また、スポーツニュース担当の「ニュースキャスター」、天気予報担当の「お天気キャスター」など、それぞれのコーナーを担当する人も「キャスター」と呼ばれる。

リポーターは、報告者のことで、現地を取材して報告する人を指す。
主な役割は、現場の状況を正しく伝えることであるが、原稿があることは少なく、自分で内容を構成する力が必要となる。
リポーターになる人は、記者・アナウンサー・ディレクターやアシスタントディレクターなどのスタッフ、芸能人など様々で、キャスターがリポートすることもある。
ニュース番組のリポーター以外に、芸能リポーターやグルメリポーター、野球のベンチリポーターなど、リポーターにも様々なジャンルがある。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「心肺停止」と「死亡」

  2. 「特徴」と「特長」

  3. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  4. 「生誕」と「誕生」

  5. 「うなぎ」と「あなご」

  6. 「退職願」「退職届」「辞表」

  7. 「観賞」と「鑑賞」

  8. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  9. 「越える」と「超える」

  10. 「戦略」と「戦術」

おすすめ

  1. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  2. 「カフェ」と「喫茶店」

  3. 「日射病」「熱射病」「熱中症」

  4. 「伺う」と「窺う」

  5. 「ジャージ」「スウェット」「トレーナー」

  6. 「上る」「登る」「昇る」

  7. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」

  8. 「自首」と「出頭」

  9. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  10. 「重症」と「重傷」

TOP