「友情出演」と「特別出演」


映画やテレビドラマのエンドロールで、「友情出演」や「特別出演」という文字が書かれていることがある。
この「友情出演」と「特別出演」は、似ているようで全くの別物である。

友情出演は、監督やスタッフ、主演俳優などが親しい人に依頼し、友情で出演してもらった場合につけられるもの。
また、若手俳優が自らを売り込むために願い出て、出演した場合にもつけられる。
友情というだけあり、出演料も通常より安いお友達価格や、ノーギャラのことが多い。

特別出演は、主演クラスの大物俳優や大物女優に、脇役として出演してもらう場合につけられるもの。
脇役であっても存在感のある役者が必要なことがあるが、大物俳優を単に脇役として出演させては役者としての格が下がるため、「この役が出来る人は他にいないので、特別に演じてもらいたい」と要望し、出演してもらっていることを表しているのが「特別出演」である。
友情として特別に出演している訳ではないため、出演料は高額なことが多い。

また、クレジットタイトルでは、一番目に主役、トメ(一番最後)に準主役や格の高い俳優が表示されるが、トメに表示すべき俳優が2人いる場合は一方をトメにし、もう一方を「特別出演」にすることでバランスを取ることもある。

海外では、友情出演や特別出演とは違い、監督や原作者、作品のモデルになった人物など、作品と深い関わりのある人物や、スポーツ選手やミュージシャンなどが、ほんの短い時間出演する「カメオ出演」というものがある。
短時間の出演だが、遠目でもはっきり分かるという意味で、メノウや貝殻などの模様を利用して浮き彫りを施した装飾品の「カメオ」から、こう呼ばれるようになった。
同じような出演の仕方でも、日本では「カメオ出演」は使われず、「友情出演」か「特別出演」となっていることが多い。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「歳」と「才」

  2. 「留意」「注意」「用心」

  3. 「精算」と「清算」

  4. 「回答」と「解答」

  5. 「以下」と「未満」

  6. 「聞く」「聴く」「訊く」

  7. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  8. 「長い」と「永い」

  9. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  10. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

おすすめ

  1. 「寿司」「鮨」「鮓」

  2. 「押印」「捺印」「押捺」

  3. 「ジュゴン」と「マナティ」

  4. 「タール」と「ニコチン」

  5. 「精算」と「清算」

  6. 「マナー」と「エチケット」

  7. 「ダウンロード」と「インストール」

  8. 「陶器」と「磁器」

  9. 「臭い」「匂い」「香り」

  10. 「羽」と「羽根」

TOP