「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」


進呈・贈呈・謹呈・献上は、いずれも、人に物を差し上げることを意味する。

進呈と贈呈の使い分け方に、はっきりとしたルールはないが、強いて違いを挙げるとすれば、使われる場面である。
進呈は「粗品進呈」など、軽い気持ちでの受け渡し、形式ばっていない場面で使われ、贈呈は「感謝状の贈呈」など、晴れがましさを伴ったり、形式ばった場面で使われる。

このように、進呈と贈呈は使われやすい場面が異なるため、進呈は「つまらないもので恐縮です」という意味を含み、目下の人から目上の人にに対して使う言葉。
贈呈は「よく頑張ったことを表彰してあげる」という意味を含み、目上の人から目下の人、もしくは同格間で使う言葉といわれることもある。

しかし、結婚披露宴で新郎新婦から両親に贈る花束は、目下から目上であるが、「花束進呈」ではなく「花束贈呈」というように、関係の上下で使い分けられている訳ではない。
進呈も贈呈も、地位・階級・年齢の上下に関係なく、相手を敬って用いる言葉である。

謹呈は、「謹」の字が含まれている通り、つつしんで差し上げることを意味する。
相手に敬意を表すだけでなく、礼儀正しく、かしこまっているさまも表した言葉である。

献上は、自分より上位の相手に物品を差し上げること。
上位といっても、上司や親など身近な相手ではなく、天皇陛下や皇族などの皇室、総理大臣や大統領など、自分よりはるかに上位の相手に物品を差し上げる際に用いる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「アシカ」「アザラシ」「セイウチ」

  2. 「心肺停止」と「死亡」

  3. 「不倫」と「浮気」

  4. 「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」

  5. 「未熟児」「低出生体重児」「早産児」

  1. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  2. 「改定」と「改訂」

  3. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  4. 「十分」と「充分」

  5. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  6. 「共同」「協同」「協働」

  7. 「召集」と「招集」

  8. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  9. 「使用」と「利用」

  10. 「退職願」「退職届」「辞表」

おすすめ

  1. 「進歩」「進捗」「進度」

  2. 「能率」と「効率」

  3. 「フクロウ」と「ミミズク」

  4. 「計る」「測る」「量る」

  5. 「積極的」「自発的」「能動的」

  6. 「一生懸命」と「一所懸命」

  7. 「児童」「生徒」「学生」

  8. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  9. 「思う」と「考える」

  10. 「チョコレート」と「ショコラ」

TOP