「ひねる」「ねじる」「よじる」


「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある。

ひねるは、指先でつまんで回す。一方向に回す。軽く回す。一度だけ回すという意味。
ねじるは、棒状や糸状のものの両端をつかんで、互いに逆の方向に回す。力強く回す。繰り返し回すという意味。
よじるには、ねじ曲げるという意味がある。

ガス栓や蛇口、スイッチなど、簡単に回転するように作られたものには「ひねる」が使われ、「針金をねじる」や「ねじり鉢巻き」など、一方向でなく両端から回したり、力強さが必要な場合には「ねじる」が使われる。
スイッチや瓶の蓋などが固くなってなかなか回らなず、力が必要な場合には「ねじる」を用いる。
「よじる」は「ねじる」と同義語だが、ねじったものを更に曲げるという、「ねじる」よりも更に複雑な回し方をする際に使われる。

「手首をひねる」と言った時には、通常動く方向に曲げることを表し、「手首をねじる」は通常の動作では曲げない方向に回してしまった時に用いる。
「手首をひねると痛い」という場合は、骨や筋などに何かしらの問題が考えられるが、「手首をねじると痛い」のは当然のことである。

ひねるは、「考えをめぐらす」「工夫する」という意味で「頭をひねる」や「首をひねる」、「簡単にやっつける」「負かす」という意味で「軽くひねってやる」や「ひねり潰してやる」といった使われ方もする。
「赤子の手をひねる」は「赤子の手をねじる」とも言うが、「簡単に」の意味から、本来は「赤子の手をひねる」が正しい。

「ひねった関係」と言わず「ねじれた関係」と言うように、ねじるは「二つの方向」「複雑さ」を表す。

大笑いする時に言う「腹がよじれる」は、「まるで腹がねじ曲がったよう」という、笑い過ぎるとお腹が痛くなる感覚からの表現で、「ひねる」や「ねじる」よりも複雑な状態が表されている。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「氾濫」と「決壊」

  2. 「小額」と「少額」

  3. 「整理」と「整頓」

  4. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  5. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  1. 「時期」「時季」「時機」

  2. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  3. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  4. 「午前12時」と「午後0時」

  5. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  6. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  7. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  8. 「留意」「注意」「用心」

  9. 「卵」と「玉子」

  10. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

おすすめ

  1. 「押印」「捺印」「押捺」

  2. 「大学」と「大学校」

  3. 「長い」と「永い」

  4. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  5. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  6. 「御霊前」と「御仏前」

  7. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  8. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  9. 「ジャージ」「スウェット」「トレーナー」

  10. 「影」と「陰」

TOP