「コンサート」と「リサイタル」


コンサートもリサイタルも、人前で歌や演奏を披露することは同じであるが、大きな違いは人数である。

コンサートは何人かが集まって行う「演奏会」や「音楽会」、リサイタルは一人の演奏者や歌手が人前で披露する「独奏会」や「独唱会」をいう。
また、コンサートは「公開演奏会」を意味するため、特定の人を対象に聞かせる私的演奏会は「コンサート」と呼ばない。

本来の意味による違いは以上であるが、現在の日本では、音楽のジャンルによっても違いがある。

一人の時に「リサイタル」を用いるのは、主に、クラシック系やシャンソン歌手、ジャイアンなどで、二人以上が合同で行う独唱会や独奏会は、例外的に「ジョイントリサイタル」という。

最近は少なくなったが、演歌歌手やフォークシンガーなども「リサイタル」を使う。
また、演歌の一部では、複数の奏者を引き連れていても「リサイタル」と呼ぶ。

ロックやポップスなどでは、一人であっても「コンサート」や「ライブ」と呼ぶのが大半で、ハード寄りであるほど「リサイタル」という言葉は使われなくなる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「飲む」と「呑む」

  2. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  3. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  4. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  5. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  6. 「意思」と「意志」

  7. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  8. 「始末書」と「顛末書」

  9. 「元日」「元旦」「正月」

  10. 「暖かい」と「温かい」

おすすめ

  1. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

  2. 「徳利」と「お銚子」

  3. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  4. 「体」と「身体」

  5. 「上る」「登る」「昇る」

  6. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  7. 「タール」と「ニコチン」

  8. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  9. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  10. 「取締役」「役員」「執行役員」

TOP