「チョッキ」「ベスト」「ジレ」


チョッキの語源には、「直着」の意味や、フランス語の「jaque」やポルトガル語の「jaqueta」から、「ジャケット」の訛りなど多くの説があり、正確なことは分かっていないが、日本でのみ使われる言葉で日本語である。
チョッキは、袖なしの胸・腹・背を覆う丈の短い胴着のことで、インナーシャツとアウタージャケットの間に着る中衣をいう。

ベストは、アメリカ英語の「vest」からで、チョッキと同じものである。
イギリス英語では、ベストのことを「waistcoat(ウェストコート)」といい、イギリスで「vest(ベスト)」と言うと、袖なしの肌着の意味になる。
フランスでいう「vest(ベスト)」は、袖がない点は同じだが、ジャケットやコートのように、アウターとして着るものという意味が強いため、背面まで上質な生地を使い、装飾性の高いものであることが多い。

ジレは、フランス語の「gilet」からで、日本の「チョッキ」やアメリカの「ベスト」と同じく、袖のない中衣を意味する。
中衣であるため、前面にのみ上質な生地が使われる。

このように、国によってベストの意味が違ったり、それぞれの言葉の国に違いはあるが、日本でいう「チョッキ」「ベスト」「ジレ」には違いがなく、基本的には同じものを指す。
強いて違いを挙げるとすれば、「チョッキ」よりも「ベスト」、「ベスト」よりも「ジレ」と言った方が、オシャレに感じるという印象の違いぐらいで、使い分けの定義などはない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  2. 「計る」「測る」「量る」

  3. 「特徴」と「特長」

  4. 「越える」と「超える」

  5. 「分かる」「解る」「判る」

  6. 「王将」と「玉将」

  7. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  8. 「うなぎ」と「あなご」

  9. 「時期」「時季」「時機」

  10. 「延期」「順延」「延長」

おすすめ

  1. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  2. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  3. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  4. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  5. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  6. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  7. 「対象」「対照」「対称」

  8. 「ピーマン」と「パプリカ」

  9. 「記入」「記載」「記述」

  10. 「ジュゴン」と「マナティ」

TOP