「勧める」「奨める」「薦める」


勧める・奨める・薦めるは、いずれも「進める」と同源で「すすめる」と読む。

勧めるは、「読書を勧める」「出席を勧める」など、行為をするよう人に働きかけることや、「貯蓄するよう勧める」「省エネを勧める」など、そのことを積極的に実行するよう励ますこと。
「座布団を勧める」「酒を勧める」など、物や飲食物を供して使用してもらおうとすることの意味である。

奨めるは「勧める」と同義で、行為をするよう誘ったり、実行するよう励ます意味で使うが、常用漢字表外なので、普通は「勧める」に置き換える。

薦めるは、「候補者として薦める」「新商品を薦める」など、人や事物を採用するよう働きかける意味で使う。

「読書をすすめる」と「良書をすすめる」の場合、「読書をすすめる」の方は、読書という行為をするよう働きかけることで、勧誘や奨励の意味なので「読書を勧める」。
一方の「良書をすすめる」は、数ある本の中から、読むべき本として採用するよう働きかけることで、推薦や推奨の意味なので「良書を薦める」と書く。

このように、「勧める」と「薦める」の使い分けは、働きかけていることが行為か採用なのかによって変わってくるため、似ている事柄をいう時には特に注意が必要である。

ランダム 今見られているページ
  1. 「干支」と「十二支」

  2. 「積極的」「自発的」「能動的」

  3. 「住めば都」と「住まば都」

  4. 「レギュラーガソリン」と「ハイオク」

  5. 「春彼岸」と「秋彼岸」

  1. 「ピーマン」と「パプリカ」

  2. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  3. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  4. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  5. 「精算」と「清算」

  6. 「回答」と「解答」

  7. 「思う」と「想う」

  8. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  9. 「留意」「注意」「用心」

  10. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

おすすめ

  1. 「改定」と「改訂」

  2. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  3. 「コンサート」と「リサイタル」

  4. 「利子」「利息」「金利」

  5. 「遵守」と「順守」

  6. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」

  7. 「バカ」と「アホ」

  8. 「タール」と「ニコチン」

  9. 「精算」と「清算」

  10. 「対象」「対照」「対称」

TOP