「トリ」と「大トリ」


トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。
語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け取り、出演する芸人達に分配することから生まれた言葉である。
現在では、ギャラの受け取りに関係なく、最後の演者をいい、寄席以外でも用いられている。

大トリも最後の出演者を意味するが、最後の出演者が二組以上いる際に使われる言葉で、寄席では使われない。
NHKの紅白歌合戦では、紅組で最後となる出演者と白組で最後となる出演者がいるため、紅白のそれぞれにトリが存在する。
そのどちらか一方が、番組としての最後の出演者で、最後の中でも最後になることから、「大」を冠して「大トリ」と呼ぶようになった。
紅白以外で「大トリ」が使われるものには、数日間行われるフェスなどがあり、各日の最後の出演者は「トリ」、最終日の最後の出演者は「大トリ」となる。

2013年の紅白歌合戦では、「究極の大トリ」という言葉も生まれた。
2013年は、北島三郎が史上最多50回目の出演を誇り、2013年で紅白を引退することを表明した年。
その北島三郎が、紅組と白組の枠を超えたトリとして、紅白双方のトリが歌い終えた後に最後を飾ることから作られた、特別な表現である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「うなぎ」と「あなご」

  2. 「使用」と「利用」

  3. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  4. 「忖度」と「斟酌」

  5. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  6. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  7. 「パート」と「アルバイト」

  8. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  9. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  10. 「配布」と「配付」

おすすめ

  1. 「BS」と「CS」

  2. 「自首」と「出頭」

  3. 「離す」と「放す」

  4. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  5. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  6. 「回り」「周り」「廻り」

  7. 「御霊前」と「御仏前」

  8. 「宿命」と「運命」

  9. 「午前12時」と「午後0時」

  10. 「鮭」と「サーモン」

TOP