「コック」と「シェフ」


コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。
オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」である。

シェフはコック長、つまり料理長のことで、フランス語の「chef」から。
英語の「chief(チーフ)」と共に、「頭(かしら)」を意味するラテン語に由来する。
シェフは、メニューや食材の決定、コックの教育指導などを担当し、調理に関するすべての責任を持つ。
オーナーシェフとなれば、経営力も求められる。

ちなみに、板前は寿司屋や料亭などの日本料理を提供する店の料理人をいう言葉で、関西では「板場」ともいう。
「板さん」や「板」とも呼ばれ、西洋料理などのシェフ(料理長)に相当するのは「板長」である。
日本料理の世界で、板前(料理人)を「コック」と呼ぶことはないが、「シェフ」の呼称が使われることは増えてきている。

ランダム 今見られているページ
  1. 「回答」と「解答」

  2. 「フクロウ」と「ミミズク」

  3. 「ダウンロード」と「インストール」

  4. 「根本的」と「抜本的」

  5. 「荒い」と「粗い」

  1. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  2. 「分かる」「解る」「判る」

  3. 「押さえる」と「抑える」

  4. 「フクロウ」と「ミミズク」

  5. 「絶対」と「絶体」

  6. 「重体」「重傷」「軽傷」

  7. 「鮭」と「サーモン」

  8. 「悲しい」と「哀しい」

  9. 「飲む」と「呑む」

  10. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

おすすめ

  1. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  2. 「重体」「重傷」「軽傷」

  3. 「感心」と「関心」

  4. 「時期」「時季」「時機」

  5. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  6. 「顧みる」と「省みる」

  7. 「御霊前」と「御仏前」

  8. 「定価」「希望小売価格」「オープン価格」

  9. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

  10. 「通夜」「葬儀」「告別式」

TOP