「能率」と「効率」


能率も効率も、できる仕事の割合を意味するが、比較する対象に違いがある。

能率は、一定時間内にできあがる仕事の割合、仕事のはかどり方のこと。
時間に対して、できる仕事量・達成度が比較される。
一定時間にできる出来高が多ければ「能率が良い」、低ければ「能率が悪い」となる。

効率は、使った労力や資金に対して得られる成果の割合のこと。多くは、機械などにいう。
エネルギーやコストに対して、できる量が比較される。
コストパフォーマンス(費用対効果)が高ければ「効率が良い」、低ければ「効率が悪い」となる。

それぞれの比較対象が異なるため、能率の良さと効率の良さが一致するとは限らず、能率が良くても効率が悪く、効率が良くても能率が悪いことがある。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「伯父」「叔父」「小父」

  2. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  3. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  4. 「使用」と「利用」

  5. 「伯母」「叔母」「小母」

  6. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  7. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  8. 「分かれる」と「別れる」

  9. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  10. 「生誕」と「誕生」

おすすめ

  1. 「船」と「舟」

  2. 「鮭」と「サーモン」

  3. 「事実」と「真実」

  4. 「自首」と「出頭」

  5. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  6. 「上る」「登る」「昇る」

  7. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  8. 「標高」と「海抜」

  9. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  10. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

TOP