「平和」と「和平」


平和と和平の意味は似ているが、使い分けは明確で、平和は、戦争や紛争・災害などがなく、世の中や暮らしが穏やかな状態にあること。
和平は、争っていた国同士が仲直りするなど、平和な状態になること。
つまり、おだやかな「状態」を表すのが「平和」、平和な状態になるという「状態の変化」を表すのが「和平」である。

そのため、「平和を維持する」とは言うが、「和平を維持する」とは言わない。
「平和主義」とは言うが、「和平主義」とは言わない。
「和平交渉」とは言うが、「平和交渉」とは言わない。
「平和会議」と「和平会議」は共に使われる言葉だが、「平和会議」は平和を議題とした会議のこと、「和平会議」は争いの解決に向けた会議のことで意味が異なる。

また、「平和な家庭を築く」「平和な国づくり」など、平和は形容動詞の連体形「~な」の形を作れるが、和平は状態の変化を表すため、「和平な家庭」や「和平な国」という表現はできない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「シャベル」と「スコップ」

  2. 「暖かい」と「温かい」

  3. 「精算」と「清算」

  4. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  5. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  6. 「褒める」と「誉める」

  7. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  8. 「交代」と「交替」

  9. 「たらこ」と「明太子」

  10. 「以下」と「未満」

おすすめ

  1. 「送る」と「贈る」

  2. 「留意」「注意」「用心」

  3. 「退社」と「退勤」

  4. 「整理」と「整頓」

  5. 「寝る」と「眠る」

  6. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

  7. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  8. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

  9. 「作る」「造る」「創る」

  10. 「署名」「記名」「サイン」

TOP