「セミナー」と「ゼミナール」


セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。
ゼミナールは、教授の指導のもと、少人数の学生が特定のテーマについて研究・報告・討論する形式の大学の授業や、そのクラス。予備校や私塾などが催す講演会などにも使われる。

というのが一般的なイメージだが、上記はどちらが多く使われているかということで、セミナーとゼミナールの意味に違いはない。

違いを挙げるとすれば、ゼミナールは「ゼミ」と略されるが、セミナーは「セミ」と略さないことと、言葉の入ってきた国の違い。
セミナーは、英語の「seminar」から。
ゼミナールは、ドイツ語の「Seminar」から。
セミナーもゼミナールも、語源は同じである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「伯父」「叔父」「小父」

  2. 「思う」と「想う」

  3. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  6. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」

  7. 「分かる」「解る」「判る」

  8. 「臭い」「匂い」「香り」

  9. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  10. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

おすすめ

  1. 「異常」と「異状」

  2. 「生かす」と「活かす」

  3. 「悲しい」と「哀しい」

  4. 「シャベル」と「スコップ」

  5. 「臭い」「匂い」「香り」

  6. 「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

  7. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  8. 「調理」と「料理」

  9. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  10. 「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」

TOP