「署名」「記名」「サイン」

署名と記名とサインは、自分の氏名を書くという意味ではどれも同じだが、区別して用いる場合は、全く同じ意味ではなくなり、法的な証拠能力の高さも変わってくる。

署名とは、本人が自分の氏名を自筆で書くこと。また、その書き記したもののことで、法令では「自署」ともいう。

記名とは、氏名を書き記すこと。
書き記す方法は自筆である必要はなく、署名と区別していう場合は、本人に代わって他人が代筆したり、ゴム印を押したり、印刷したりして氏名を記すことをいう。

つまり、「署名欄」と書かれていれば必ず自筆で書く必要があり、「記名欄」と書かれていれば、自筆のほか、代筆・ゴム印・印刷などでも問題ないということである。
日本では印鑑に対する信用度が高いため、署名捺印が最も証拠能力が高く、次いで署名のみ、記名押印でも有効だが、記名のみでは認められない。

サインとは署名のことで、必ず自筆である。
クレジットカードの支払いなどの時に「ここにサインをお願いいたします」と言って署名を求めるように、日常会話の中では署名よりもサインの方が多く使われ、「署名をお願いいたします」と言うのは、署名活動の時や重要な契約時ぐらいである。
書類に署名する以外では、有名人がファンのために書くものや、符号・信号・合図といった意味でもサインは用いられるが、これらの意味で「署名」を用いることはない。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「ヨガ」と「ピラティス」

  2. 「節約」と「倹約」

  3. 「横」「隣」「そば」

  4. 「カレーうどん」と「カレー南蛮」

  5. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  1. 「共同」「協同」「協働」

  2. 「積極的」「自発的」「能動的」

  3. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「対応」と「応対」

  6. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  7. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  8. 「生誕」と「誕生」

  9. 「思う」と「想う」

  10. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

おすすめ

  1. 「一生懸命」と「一所懸命」

  2. 「分かる」「解る」「判る」

  3. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  4. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  5. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  6. 「羽」と「羽根」

  7. 「伺う」と「窺う」

  8. 「遵守」と「順守」

  9. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  10. 「専務」と「常務」

TOP