「ビュッフェ」と「バイキング」


コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ」や「バイキング」と言うが、ビュッフェは食べ放題とは限らず、バイキングは使われる地域が限定される。

ビュッフェは、フランス語の「buffet」からで、元々は、立食形式の食事・食卓を意味し、列車内や劇場などの簡易食堂を指した。
そこから、セルフサービスで食べる食事も意味するようになった言葉で、ビュッフェは「立食の食事」「セルフ方式の食事」という意味が中心にあり、そのような形式が結果的に食べ放題に繋がるというだけで、バイキングのように食べ放題とは限らない。
また、ビュッフェには、食器棚や配膳台などの意味もあり、使用場面・場所によって意味が異なる。

バイキングは、1958年に帝国ホテルのレストランが、好みの料理を自由に選んで食べるスカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード」の様式を取り入れた際、「インペリアル・バイキング」と名付け、この食事スタイルが人気を博したことから、「食べ放題」と言えば「バイキング」として広まった。
食べ放題の意味で「バイキング(Viking)」というのは、日本のみで通じる表現で、海外ではハワイ・韓国などの日本人を対象とした一部の店に限られる。

現在では、日本でも「バイキング」と呼ぶ人が減り、並んだ料理から好きなものを選んで食べるという意味では「ビュッフェ」、一定の時間内に好きなだけ食べるという意味では「食べ放題」と表現することが多くなっている。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「能率」と「効率」

  2. 「大雨」と「豪雨」

  3. 「運動会」と「体育祭」

  4. 「十分」と「充分」

  5. 「準備」「用意」「支度」

  1. 「分かる」「解る」「判る」

  2. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  3. 「思う」と「想う」

  4. 「以下」と「未満」

  5. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  6. 「パート」と「アルバイト」

  7. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  8. 「延期」「順延」「延長」

  9. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  10. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

おすすめ

  1. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  2. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  3. 「文」「文章」「文書」

  4. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  5. 「回答」と「解答」

  6. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  7. 「押印」「捺印」「押捺」

  8. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  9. 「モツ」と「ホルモン」

  10. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

TOP